FC2ブログ
音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
カルチエミュジコ デュオコンセール(京都)
QM55duo.jpgカルチエミュジコ デュオコンセール
ノートゥス-南からの風
QUARTIERS MUSICAUX DUO CONCERT
Notus-vent du sud


ヴァイオリン 印田 千裕
クラリネット 菊地 秀夫
 Chihiro INDA violon

 Hideo KIKUCHI clarinette


ロームシアター京都ノースホール
 岡崎公園内 京都市営地下鉄東西線東山駅 徒歩10分
ROHM Theatre Kyoto North Hall
 dans Parc Okazaki
 Higashiyama Station de ligne métro Tozaï
 10 minutes à pied
アクセス
2019年11月9日(土)14:00
14h00 samedi 9 novembre 2019

■『翼をもった魂』『ひらかれた魂』 (1973) | G・シェルシ
□ L'âme ailée L'âme ouverte 〈vl seul〉| Giacinto SCELSI (1905-88)

■ライト・ムーヴィング (2003) | F・ロッセ
□Light Moving | François ROSSÉ (né en 1945)

■新作委嘱作品世界初演(2019) | 川崎 真由子
 (クラブペニッシュとカルチエミュジコによる委嘱)
□La Nouvelle Pièce (B.cl & vl) | Mayuko KAWASAKI (née en 1989)
 Création mondiale commandée par Club Péniche & Quartiers Musicaux

◇◇休憩 entracte◇◇

■セクエンツァ IX (1980) | L・ベリオ
□Sequenza IX 〈cl seule〉 | Luciano BERIO (1925-2003)

■相vs乗 I (1982) | E・ヌネス
□Versus I | Emmanuel NUNES (1941-2012)

■ふたつの小品 (2008) | G・アペルギス
□Deux Miniatures | Georges APERGHIS (né en 1945)


チケット
【全自由席】
一般 3000円 学生2000円 小中高生1000円
  (パスリゾーム・会員 各500円引)
 ▶︎▶︎▶︎チケット購入ページへ(外部サイト)

 ※公開リハーサル (無料)
  11月8日(金)時間未定
  @南大阪教会 [設計 村野藤吾]
   (大阪市阿倍野区阪南町)


《クラリネット&ヴァイオリン デュオに向けて》
2019年のカルチエミュジコのコンサートは、クラリネットとヴァイオリンのデュオコンサート。ある楽器の編成は、伝統的なクラシック音楽において意味合いやイメージが固定化されてきましたが、20世紀以降の音楽の探求の中で、作曲家たちはさまざまな新しい形を模索し、そこでは演奏者にとっても聴き手にとっても新しい音や響きとの出会いがあります。

今回は、エマヌエル・ヌネスの『相乗 I』を発端に、クラリネットとヴァイオリンのデュオの競演を聴くことを主題としました。エマヌエル・ヌネスはポルトガル生まれ、リスボンで音楽の経歴を始め、1964年以降パリを本拠に音楽を探求し続けた作曲家で、この作品は1980年代のソロ楽器のための「38のセクレンチアス」のクラリネットとヴァイオリンの探求を合流させ、音響空間の意味を問いながら二つの楽器の間の対位法上の関係を新たに作り出した作品です。

さらに新しい世代の試みとして、日本の若い世代の作曲家川崎真由子さんに新作を委嘱し、その世界初演を対置しています。バスクラリネットとソプラノの作品で高い評価を得ている作曲家が、クラリネットとヴァイオリンの可能性に挑戦します。

これらの作品を核に、クラリネットとヴァイオリンのデュオの魅力をお伝えしたいと思います。

今回の新作委嘱はクラブペニッシュとカルチエミュジコの共同プロジェクトです。
新作委嘱を応援してくださるサポーターを募集しています。ご協力をお願いいたします。

新作委嘱(クラブペニッシュ)についての詳細は ▶︎▶︎▶︎こちら をご覧ください。

CLUBPENICHEロゴ




パスリゾームは、現代音楽を楽しむためのメンバーシステムです。
カルチエのみならず、参加する現代音楽コンサートで割引料金でチケットを購入できます。
 →詳しくは こちら
 →パスリゾームのサイト

後援:ポルトガル大使館 Embassy of Portugal Camões, I.P.
   日本現代音楽協会
   日仏現代音楽協会

協賛:マリーコンツェルト 
malykoncert.png


facebook カルチエミュジコ

カルチエミュジコ クラリネット&ヴァイオリン デュオコンセール
QM55duo.jpgカルチエミュジコ デュオコンセール
ノートゥス-南からの風
QUARTIERS MUSICAUX DUO CONCERT
Notus-vent du sud


ヴァイオリン 印田 千裕
クラリネット菊地 秀夫
 Chihiro INDA violon

 Hideo KIKUCHI clarinette


杉並公会堂小ホール
(JR/メトロ 荻窪駅)
Suginami Koukaido Salle Récital
JR/Metro Ogikubo
アクセス
2019年6月1日(土)19:00
19h00 samedi 1 juin 2019


■『翼をもった魂』『ひらかれた魂』 (1973) | G・シェルシ
□ L'âme ailée L'âme ouverte 〈vl seul〉| Giacinto SCELSI (1905-88)

■ライト・ムーヴィング (2003) | F・ロッセ
□Light Moving | François ROSSÉ (né en 1945)

■新作委嘱作品世界初演(2019) | 川崎 真由子
 (クラブペニッシュとカルチエミュジコによる委嘱)
□La Nouvelle Pièce (B.cl & vl) | Mayuko KAWASAKI (née en 1989)
 Création mondiale commandée par Club Péniche & Quartiers Musicaux

◇◇休憩 entracte◇◇

■セクエンツァ IX (1980) | L・ベリオ
□Sequenza IX 〈cl seule〉 | Luciano BERIO (1925-2003)

■相vs乗 I (1982) | E・ヌネス
□Versus I | Emmanuel NUNES (1941-2012)

■ふたつの小品 (2008) | G・アペルギス
□Deux Miniatures | Georges APERGHIS (né en 1945)


関西公演も開催します
 ロームシアター京都ノースホール
 ROHM Theatre Kyoto North Hall
 2019年11月9日(土)14:00
 19h00 samedi 9 novembre


チケット
【全自由席】
一般 3000円 学生2000円 小中高生1000円
  (パスリゾーム・会員 各500円引)
 ▶︎▶︎▶︎チケット購入ページへ(外部サイト)

《クラリネット&ヴァイオリン デュオに向けて》
2019年のカルチエミュジコのコンサートは、クラリネットとヴァイオリンのデュオコンサート。ある楽器の編成は、伝統的なクラシック音楽において意味合いやイメージが固定化されてきましたが、20世紀以降の音楽の探求の中で、作曲家たちはさまざまな新しい形を模索し、そこでは演奏者にとっても聴き手にとっても新しい音や響きとの出会いがあります。

今回は、エマヌエル・ヌネスの『相乗 I』を発端に、クラリネットとヴァイオリンのデュオの競演を聴くことを主題としました。エマヌエル・ヌネスはポルトガル生まれ、リスボンで音楽の経歴を始め、1964年以降パリを本拠に音楽を探求し続けた作曲家で、この作品は1980年代のソロ楽器のための「38のセクレンチアス」のクラリネットとヴァイオリンの探求を合流させ、音響空間の意味を問いながら二つの楽器の間の対位法上の関係を新たに作り出した作品です。

さらに新しい世代の試みとして、日本の若い世代の作曲家川崎真由子さんに新作を委嘱し、その世界初演を対置しています。バスクラリネットとソプラノの作品で高い評価を得ている作曲家が、クラリネットとヴァイオリンの可能性に挑戦します。

これらの作品を核に、クラリネットとヴァイオリンのデュオの魅力をお伝えしたいと思います。

今回の新作委嘱はクラブペニッシュとカルチエミュジコの共同プロジェクトです。
新作委嘱を応援してくださるサポーターを募集しています。ご協力をお願いいたします。

新作委嘱(クラブペニッシュ)についての詳細は ▶︎▶︎▶︎こちら をご覧ください。

CLUBPENICHEロゴ




パスリゾームは、現代音楽を楽しむためのメンバーシステムです。
カルチエのみならず、参加する現代音楽コンサートで割引料金でチケットを購入できます。
 →詳しくは こちら
 →パスリゾームのサイト

後援:ポルトガル大使館 Embassy of Portugal Camões, I.P.
   日本現代音楽協会
   日仏現代音楽協会

協賛:マリーコンツェルト 
malykoncert.png


facebook カルチエミュジコ

プログラムノート
■くちばし 丈夫でとがる(2019)|川崎真由子
L1100728 (1)

タイトルの「くちばし 丈夫でとがる」は創作において様々なインスピレーションを与えていただいている小笠原鳥類氏の詩、『アオゲラとヤマゲラ 図鑑について』による。元々は、野鳥図鑑のキツツキの説明として記載されていた言葉です。キツツキはあんなに木を突いて(1秒間に約20回!)脳にダメージがないのか心配でしたが、とても長い舌が頭を一周しており、これが頭部を衝撃から保護しているとのこと。
「金魚のような魚だ舞う、おはようございます、銀色で/金色で、赤い部分もあったアオゲラ」
同じ詩から引用した一節だが、近作はこのような言葉の間にある摩擦を音楽で表現することを考えてきた。また、昨年参加したRaphaël Picazos氏のノートルダム楽派の講習会での、氏が歌う美しい9度の倚音(不協和音程でぶつかり、後に隣り合う協和音程に進む音)もこの曲を作曲する上での霊感となり、今作では倚音の解釈を広げることで前述の摩擦についてアプローチを試みた。二つの楽器は静かに、あるいは激しくぶつかり合い、ときに調和する。演奏家のお二人にはとても繊細な音を要求することになってしまいました。(川崎真由子)
吉野俊幸・山田智子(2010)新ヤマケイポケットガイド⑥野鳥[改訂版] 山と渓谷社 p.58


プログラムノート2
■相vs乗 I (1982) | E・ヌネス

M230810883.jpg

ヌネスは64年にパリに本拠を移して以来、室内楽から大オーケストラに取り組んでいる。その後の電子作品からソロ作品への回帰のなかで、ベリオの『セクエンツァ』をもとにした未発表のソロ作品の探求の延長上にこのふたつの楽器のための作品が完成した。オーケストラの音響マスや多彩な色彩を減衰させながらも、音響空間のなかのグラフィックなラインの構築をめざして、ふたつの楽器の対位法上の関係をあらたに創出している。ふたつの楽器の均衡は、それぞれの独立性を維持し、独自の方向転換を果たしながら、ときにハーモニーが求められる。可能な限りのゆたかなふたつのラインは、担保されたアラベスク調の即興性の開花によって最大限の自由さが確保されている。それらは偶然性に依拠されたともいえる複雑な金銀細工のフィギュアを彷彿とさせる。

 このデュオは、全曲に渡り、拍子・強弱・テンポが目まぐるしく変化していくが、冒頭部分の8小節ばかりは、テンポだけはラルゴよりも遅く(♪=72)指示されている。ヴァイオリンの〈レ(D4)〉とクラリネットの〈レ♯〉の近接した和音が、大胆な強弱をくりかえしながら呼応するかのようにゆったりと始まる。拍子は8拍子から4拍子へとほぼ小節ごとに変化していく。
 その後は、テンポはひとつのフレーズのなかにおいても細かく変化し、また突然小節線をまたぐと半分に切り替わったりして、ふたつの楽器が交互に、あるいは一緒に、おたがいを意識しながら、細かい断片的なフレーズをやりとりして進行する。ダイナミクスの変化も、一緒になったり異なったりしてひとつのフレーズの中でも激しく変化する。拍子は相変わらず小節ごとに変化している。ときに全音音符が引き伸ばされたり、フェルマータで立ち止まるが休息というにはほど遠い。
 このまま全曲を突き進んでしまうかと思われる終盤ちかくになって、突然ヴァイオリンが演奏を中止し、クラリネットも押し黙ってしまう沈黙の小節がつづいて2度訪れる。しかし、すぐにふたたび混沌とした世界が再開され、ヴァイオリンの時間指定のある長いトリルのあと、ゆったりとしたテンポに固定されたなかで、それでも混沌はひたすら持続され、最後のフェルマータのあと、ヴァイオリンの低い〈ラ♭(B♭3)〉とクラリネットの〈ミ(E4)〉の音がピアノで徐々にリタルランドしていくなかで全曲が閉じられる。

■『翼をもった魂』『ひらかれた魂』 | G・シェルシ(1973)
20世紀はじめに生まれたシェルシは、子供の頃には一般の学校に通うことなく、裕福な家庭をバックグラウンドに音楽教育をはじめとする個人的な授業を受けて成長した。ピアノをよく演奏し、即興演奏にも秀でていた。やがて作曲ではウィーンに赴いて、12音主義を学ぶことになるが、まもなくその音楽と齟齬をきたすようになっていった。「音楽の民主主義」ともいわれる12音主義は、いうまでもなく調性音楽より音と音との関係性に制約を課せられたものである。その必然的秩序からの解放を、精神的に病んだシェルシは、長時間ピアノで同じひとつの音を弾くことによって、回復することが可能になった。みずからを作曲家ではなく媒介者とよんでいた音楽の創造においても、長い空白期を挟んで、ひとつの音とその周辺の音に固執した作品を書くようになる。音を聴くときの「音高と持続」というふたつの要素に付け加えて「深み」という要素を探求して実現しようとしたシェルシは「音は丸い」と語っている。

そのなかでも後期に書かれた2曲セットのヴァイオリンソロのためのこの作品でも、その特徴はあますところなく発揮されている。『翼をもった魂』はヴァイオリンの第1弦と第2弦で演奏され、楽譜はそれぞれべつに2段譜で書かれている。曲はまず第1弦の〈レ(D5)4分の1♭〉のピアニッシモに、やがて第2弦による同音とつぎに〈レ♭〉が加わってはじまり、〈レナチュラル〉〈レ4分の1♯〉さらには8分の1音高い音との重音が繰返されたのち、ダイナミクスも増しながら19小節目になって〈ミ♭〉に移行する。まもなくピアニッシモに戻るが、引き続き最低音〈レ〉と最高音〈ミ〉の狭い音域のあいだを、半音と上下4分の1微分音の組み合わせで、ダイナミクスをさまざまに大きく変更させながら進行する。最後には〈ミ〉と〈ド♯〉の和音で曲全体を閉じる。曲全体は4分の4拍子で、速度は4分音符=120に指定されているが、このことは作曲家の企図を明確にするために採用されたのだろう。

『ひらかれた魂』は楽器の弦(II〜IV)ごとに3段譜に書かれ、それぞれの段の異なった(微分)音を4分音符ごと2ビートから最大可能ビートで揺れ動く。〈レナチュラル(D5)〉からはじまり、すぐに半音下がった〈レ♭〉が加わってこれらのあいだをさまよう。徐々に音高が上がり、最後に〈ファナチュラル〉にまで移行する。曲全体の音域はこれらの3音半しかなく、ビートのない拍子を挟みながら指定されたビートを繰り返し、曲全体では2度にわたって、ダイナミクスの増大と音高の上昇を繰り返し、最後は最高音で曲全体が終了する。それぞれの音はノンビブラートでありながら、3段譜に指定された微分音のあいだを指定されたビート回数で揺れ動く「管理されたトリル」といえる。

クラブペニッシュ×カルチエミュジコ 新作委嘱プロジェクト2019
CLUBPENICHEロゴ
クラブペニッシュ/Club Péniche
新作委嘱プロジェクトサポーター募集 !

音楽創造の最前線に触れる機会の一翼を担うこと目指して 2009年からはじまったカルチエミュジコとクラブペニッシュの新作委嘱シリーズの最新プロジェクトとして、多彩な活躍を続ける若手作曲家・ 川崎真由子さんにクラリネットとヴァイオリンのためのデュオ作品を委嘱し、2019年6月のコンサートで世界初演します。関西公演も企画中です。

2019年のコンサートは、今回は、エマヌエル・ヌネスの「ヴェルスュス(相乗)I」を発端に、クラリネットとヴァイオリンのデュオを聴くことを主題としました。さらにこの二つの楽器のための音楽のさらに新しい探求として、バスクラリネットとソプラノの作品で高い評価を得ている気鋭の作曲家川崎真由子さんに新作を委嘱します。

この新作委嘱プロジェクト《クラブペニッシュ》のサポーターを募集します。趣旨にご賛同いただけましたらぜひ応援ください。皆さまのご協力をお待ちしています。

◼︎スペシャルサポーター
会費 30000 円(招待券2枚進呈 コンサート後に演奏動画限定配信)
◼︎ベーシックサポーター
会費 5000 円(招待券1枚進呈 コンサート後に演奏音源限定配信)
 ※共通特典 プログラム・公式サイト等にご芳名掲載
 ※特典の配信音源・動画は初演時の演奏ではない場合がございます

▶︎▶︎▶︎「クラブペニッシュ」サポーターへのご参加はこちら(オンライン 外部リンク)
▶︎▶︎▶︎FAX申込み用紙ダウンロード

▶︎▶︎▶︎ 2019年デュオコンセールの詳細


《川崎真由子 プロフィール》
mayuko kawasaki

国立音楽大学、同大学院音楽研究科修士課程作曲専攻修了。作曲を菊池幸夫、音楽理論を市川景之、小河原美子、山口博史の各氏に師事。在学中、国外研修生としてニース夏期国際音楽アカデミー派遣。奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門、現音作曲新人賞受賞、TOKYO TO NEW YORK 2016公募入選など。近年は現代詩の分野との交流を通した創作活動を展開する他、『フーガ書法 パリ音楽院の方式による』(山口博史著/音楽之友社)へのラヴェルスタイルのフーガの掲載、『必ず役立つ吹奏楽ハンドブック 和声編』(ヤマハ・ミュージックメディア)の執筆など、音楽理論書製作にも携わる。
現在、尚美学園大学、洗足学園音楽大学非常勤講師。日本ソルフェージュ研究協議会、日仏現代音楽協会会員。

《演奏者からのメッセージ》
川崎真由子さんとは、2013年の現音新人賞の応募作品のバスクラリネットとソプラノのための『ピアノ~小笠原鳥類の詩による~』(共演太田真紀)を演奏する機会がありました。たいへんな難曲でしたが、さいわい新人賞を獲得することができ、祝福するとともに、演奏者としてもたいへん光栄に思っています。このたび、2019年のカルチエミュジコでも、川崎真由子さんに新作を委嘱することになり、ヌネスの曲とともに、ヴァイオリンの印田千裕さんと演奏するのをとても楽しみにしています。
菊地秀夫(クラリネット)

カルチエミュジコのコンサートでは、毎回共演する楽器と共演者の方々との新しい出会いを見出しています。2019年はクラリネットとヴァイオリンの組み合わせで、ポルトガルの作曲家ヌネスの作品とともに川崎真由子さんへの新作委嘱も予定しています。これまでにもクラリネットのための作品を書かれている川崎さんの新作を、菊地秀夫さんとともに演奏するのをとても楽しみにしています。
印田千裕(ヴァイオリン)

《作曲家からのメッセージ》
カルチエミュジコから委嘱の相談を受け、すぐに引き受けさせていただきました。カルチエミュジコの活動は、もう数年来、身近に接していて、じつはととも尊敬してきました。今回クラリネットとヴァイオリンのデュオの編成で、とくに演奏者のおふたりの菊地秀夫さんと印田千裕さんに演奏していただくことは、たいへん光栄に思っています。ぜひ、おふたりにふさわしい曲を書きたいと思っています。
川崎真由子(作曲家)