音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
カルチエのコンセール7/8
カルチエミュジコ
QUARTIERS MUSICAUX

ヴァイオリン、ヴィオラ&チェロ
VIOLON, ALTO & VIOLONCELLE
TRIO CONCERT
トリオコンセール

曲目解説(4/22更新)はこちら

ヴァイオリン 富山 ゆりえ
Yurie TOMIYAMA violoniste

ヴィオラ 中山 良夫
Yoshio NAKAYAMA altiste

チェロ 森田 香織
Kaori MORITA violoncelliste


■ D.ミヨ/トリオ第1番
□Trio a cordes |Darius MILAUD(1892-1974)

■I.クセナキス |ユネム=イデュへエ
□Hunem-Iduhey(Vl.&Vc.) |Iannis XENAKIS(1922-2002)
 解説はこちら

■P.デュサパン/オイメ
□Ohime (Vl.&Va.) |Pascal DUSAPIN(ne en 1955)
 解説はこちら

■H.ヴィラ=ロボス |トリオ
□Trio |Heitor VILLA-LOBOS (1887-1959)

2007年7月8日(日) 19:00開演
18h00~18h50 公開舞台稽古(入退場自由未就学児歓迎)
19h00 Dimanche 8 juillet 2007

ゆめりあホール、大泉学園
Salle Yumeria, Oizumigakuen
Ligne Seibu-Ikebukuro;Oizumigakuen sortie nord

入場料(自由席)
一  般 2000円
日仏学院会員学生1500円
小中高生 1000円
未就学児 100円
カルネ 6000円(4枚綴)
※ボルドー音楽祭MUSIQUES FESTIV’in横浜の半券で日仏学院会員扱い
ボルドー音楽祭MUSIQUES FESTIV’in横浜はこちら

カルチエ横浜公演(7/4)はこちら
予約・問合せ 
カルチエミュジコ
entracte@m.email.ne.jp
TEL03.34.15.89.16.
FAX03.34.15.89.17.

カルチエミュジコの会員を随時募集しております。詳しくは
こちら

QMlogos01.jpg


LINSTITUT02.jpg


y_f01.jpg

カルチエのコンセール7/4
カルチエミュジコ
QUARTIERS MUSICAUX

ヴァイオリン、ヴィオラ&チェロ
VIOLON, ALTO & VIOLONCELLE
TRIO CONCERT
トリオコンセール

曲目解説(4/22更新)はこちら

ヴァイオリン 富山 ゆりえ
Yurie TOMIYAMA violoniste

ヴィオラ 中山 良夫
Yoshio NAKAYAMA altiste

チェロ 森田 香織
Kaori MORITA violoncelliste


■ D.ミヨ/トリオ第1番
□Trio a cordes |Darius MILAUD(1892-1974)

■I.クセナキス/ユネム=イデュへエ
□Hunem-Iduhey(Vl.&Vc.) |Iannis XENAKIS(1922-2002)
 解説はこちら

■P.デュサパン/オイメ
□Ohime (Vl.&Va.) |Pascal DUSAPIN(ne en 1955)
 解説はこちら

■H.ヴィラ=ロボス/トリオ
□Trio |Heitor VILLA-LOBOS (1887-1959)

2007年7月4日(水) 19:00開演
16h00~17h00 公開舞台稽古(入退場自由未就学児歓迎)
19:00 Mercredi 4 juillet 2007

横浜美術館レクチュアホール
Musee Yokohama, Lecture Hall
Ligne Minato-mirai;Minato-mirai
みなとみらい駅

入場料(自由席)
一  般 2000円
日仏学院会員学生1500円
小中高生 1000円
未就学児 100円
カルネ 6000円(4枚綴)
※ボルドー音楽祭MUSIQUES FESTIV’in横浜の半券で日仏学院会員扱い
ボルドー音楽祭MUSIQUES FESTIV’in横浜はこちら

カルチエ東京公演(7/8)はこちら
予約・問合せ 
カルチエミュジコ
entracte@m.email.ne.jp
TEL03.34.15.89.16.
FAX03.34.15.89.17.

カルチエミュジコの会員を随時募集しております。詳しくは
こちら

QMlogos01.jpg


LINSTITUT02.jpg


y_f01.jpg

トリオコンセール(07/07/04, 08)曲目解説にかえて
カルチエミュジコ
フランス音楽を中心に、2001年から年間4回開催しているヴァイオリン
とさまざまな楽器との組み合わせによる室内楽シリーズ。今回の<横浜に
おけるフランス月間2007>と東京公演では、20世紀初頭から現代にいた
るフランスで活躍している作曲家をとりあげる。

20世紀においてもっともおおくの曲を書いたとされるミヨとヴィラ=ロボ
スのふたりの明るく親しみに満ちあふれた作品とともに、世紀後半に独自
の世界を切り開いてきたクセナキスとデュサパンの二作品により、M・ラ
ヴェル以降のフランス音楽の流れが概観できる構成となっている。

コンサートで演奏される機会の少ないこれらのプログラミングにはじめて
聴く音楽に耳を澄ますよころびをあじわってください。

作曲家について
南フランスの観光都市エクス=アン=プロヴァンスは、そこで生まれたダ
リウス・ミヨの明るく喜びに満ちた作風に大きな影響を与えた。第一次
大戦後のパリでは、印象派から距離をおき、F・プランクやG・オリッ
クと出会い、やがてかれらは「六人組」となづけられた。

エイトール・ヴィラ=ロボスは、祖国ブラジル各地の民族音楽を題材と
し、さまざまな楽器編成によるあらゆる種類の曲を書いている。定期的
にパリに滞在、その独自の作風は歓迎された。P・クロデルの秘書として
リオデジャネイロに滞在したミヨとも交流があった。


ギリシャ出身でパリで建築家としても活躍したイアニス・クセナキス
数学理論を音楽にとりいれたことでも知られている。Y・メニューヒンに
捧げられたこのデュオは、二つの楽器の独立したリズムをもった透明な
ハーモニーのなかに透徹した宇宙を描き出している。

クセナキス唯一の弟子パスカル・デュサパン は、現在フランスで人気あ
る作曲家のひとりである。昨年、ファウストを題材としたオペラ『ファ
ウスチュス最後の夜』を初演。室内楽曲では、微分音を使用した音型が
特徴的な印象をあたえている。 

コンセール(7/4)の案内に
戻る

コンセール(7/8)の案内に
戻る