音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
イン・ビトゥイーン-作曲家による解説-
イン・ビトゥイーン
弦楽トリオのための
(第1ヴァージョン, 2008年10月)
カルチエミュジコのトリオに

この作品は、わたしのヴィラ九条山でのレジデンスというコンテクストに
よって可能になった、まったく独特なエクリチュールの経験にかかわるこ
とです。

日本の伝統音楽、とくに能楽における音楽が、どのようにわたしに感染し
てしまうのでしょうか。

なにかがやってくるままにするために、わたしのいつものエクリチュール
を脇によせておいたのです。

日本の伝統音楽におけるユニゾンの不在にたいするわたしの眩惑から、す
べてがはじまったのです。たとえば、能楽の地謡のように、あるいは、ほ
かの音曲のように。音楽家たちは同じものを演奏していますが、それぞれ
の独自性を失ってはいません。
「同じ」ことの不可能性のなかに存在する詩情である、分割されたひとつ
の仕草の意味とてこの輻輳した音符にもとづいて推敲を進めたいと思いま
した。

今回の滞在によって、ほかのおおくのものとともに、能楽によって、夢見
るための素材を提供されました。
こうして、それらのたくさんのテクストの構成のなかに、語りのクローン
である音符が遍在することになりました。ひとつのテクストが、わたしを
引き止めました。世阿弥による『実盛』です。年老いた侍の亡霊が、老齢
という敗北を受け入れることができずに、さまよっているのです。
ところで、老人役に化身した能楽師は、世阿弥によると、その年齢をあら
わすために、音楽と比べて若干「遅れて」舞うのだそうです。こうして、
おおくの作品にみられるように、反復された時間的構成をもつこの能楽は
、彼自身が二重人格という存在である登場人物になるのです。

しかしこの能楽は、また、このトリオ作品のなかにべつのものを刷り込ん
だのです。

こうして能舞台の床上に、ほとんど浮かぶようにすり足をする能楽師の歩
みの遅さ、繊細さ、官能性が出現するのです。
この「レシタティヴ」すなわち「ことば」の特徴ある抑揚は、つねに同じ
メロディの横顔をもっています。
沈黙は、ほとんどゆるぎないものです。
舞は、まさに能楽の同時的に形式的・精神的はけ口です。語形論的音符の
形体における確定された音程の欠如、そして旋律的イデーの扱いにたいす
るとまどいなど。
日本の時間芸術において遍在する構成である「序破急」、すなわち導入・
展開・加速。

無意識の刷り込みを語ることなく…。

こうして実盛の歩みについて、『イン・ビトゥイーン』は、わたしの文化
とわたしが日本の音楽のなかに、見い出しはじめたばかりの世界、そこで
ひとつであるものが、たえずふたつになる、かぼそい糸の上である、出会
いつづけるふたつの世界の稜線を歩むのです。

クレール=メラニー・シニュベール

présentation
In between
pour trio à cordes
(première version, octobre 2008)

dédié au trio à cordes "Quartiers musicaux"


Il s'agit pour moi d'une expérience tout à fait singulière d'écriture, rendue possible par le contexte de ma résidence à la Villa Kujoyama au Japon.

Comment la musique traditionnelle japonaise, et en particulier celle du théâtre nô, va-t-elle contaminer ma musique?

Accepter de laisser de côté une partie de mes habitudes d'écriture pour que quelque chose arrive.

Tout a commencé par ma fascination pour l'absence d'unisson dans la musique traditionnelle japonaise: que ce soit dans le chœur du nô –le Jiutai- ou tout autre ensemble instrumental. Les musiciens jouent la même chose, mais ne perdent pas leur individualité.
J'ai voulu travailler sur cette notion de double, au sens d'un geste unique partagé, et dont la poétique se situe dans l'impossibilité du "même".

Dans ce domaine comme dans beaucoup d'autres, le théâtre nô m'a fourni beaucoup de matière à rêver.
Ainsi, dans la structure de nombreux de ses textes, la notion de duplication narrative est omniprésente. Un texte en particulier m'a retenue , Sanemori attribué à Zéami, contant l'histoire d'un vieux samouraï dont le fantôme erre car il n'a pas accepté la défaite de vieillir. Or l'acteur nô qui incarne un personnage de vieillard , nous dit Zéami, a pour consigne de danser légèrement "en retard" par rapport à la musique pour exprimer son grand âge. Ainsi, ce nô qui a une structure temporelle itérative comme la plupart des nôs, a pour personnage un être lui-même dédoublé.

Mais le nô a laissé aussi d'autres empreintes sur ce trio:

Ainsi la lenteur, la délicatesse et la sensualité des pas des acteurs qui glissent sur le sol du théâtre, presque en flottant.
L'inflexion si caractéristique des "récitatifs", les kotoba, qui ont toujours le même profil mélodique.
Le silence et la presque immobilité.
La danse, à la fois issue formelle et spirituelle de tout nô.
L'absence de hauteurs fixes, et la tentative de traiter l'idée mélodique sous forme de notion morphologique.
Le "jo-ha-kyu" structure omniprésente dans les arts temporels au Japon: introduction, développement et accélération.

Sans parler des empreintes inconscientes…

Ainsi, sur les pas de Sanemori, In between marche sur la crête de deux mondes qui se rencontrent, celui de ma culture et de celui que je commence à peine à découvrir de la musique japonaise, et sur le fil ténu où ce qui est un est à tout instant au bord de devenir deux.


Claire-Mélanie Sinnhuber




C-M・シニュベールのプロジェクトとプロフィール
Claire-Mélanie SINNHUBER 
クレール=メラニー・シニュベール

プロジェクト
ヴィラ九条山での私のプロジェクトは、世界中のほぼすべての伝統音楽に
定着している技法である《ヘテロフォニー》に立脚している。

雅楽で用いられる龍笛(りゅうてき)や篳篥(ひちりき)、さらには能楽の
「地謡」は、ほとんど同じ旋律を演奏/歌唱している。私にとっては、こ
うした音楽の美しさは、個々の相違点の間の隔たり(intervalle)にこそ
ある。私が日本で書くことになる作品は、二重性、ヘテロフォニーや「分
割された同じもの(même divisé)」という詩的概念を巡る仕事が出発点
となる。この概念は、大編成オーケストラのために現在執筆中で、*2008
年9月に東京のサントリーホールで初演される予定の作品でも既に中心に
据えられている。(*註:2008年8月に行われた)

《In Between》は、 まったく同じか類似した2つの楽器(あるいは声)
のために書かれる作品で、今のところ2台の擦弦楽器を考えてはいるが、
楽器編成の最終的な選択は、仕事を進め、日本の音楽家と出会う過程で変
わるかも知れない。最大の特徴は、2台の楽器が、ほぼユニゾンでありな
がらも、《分割された》空間で演奏されることにある。《同じもの》の反
復が、単に空間的だけでなく、時間的なスケールで表現されることになる。
演奏者たちは、大きく、鮮明で、構成された物理的空間によって隔てられ
る。この空間は、垂直ではなく、傾斜した線を描くこととなる。

三重の分割が行われることとなる。自然で空間的な分割は、パフォーマン
スの場と同時に私たちの知覚機能(左右、前後、上下)を明らかにしてく
れる。人間的な面での分割(2つの身体、2つの楽器)は、あり得ない融
合、《異なっていること》や《2つであること》の豊かさを明らかにして
くれる。そして作曲上の分割がある。作品のエクリチュールは、ホモフォ
ニー、ヘテロフォニーとポリフォニーの間の緩やかな変化を描き出し、可
聴域の限界が好んで用いられることになる。
(VILLA KUJOYAMA より)


略 歴
クレール=メラニー・シニュベールはフルートを
学ぶことで音楽を始めた。(ダヴレイ市国立音楽学校で金賞、パトリス・
ボギヨンに師事)。パリ国立音楽院(CNSMDP)では、S・オルテガ、A
・ゴーサン、I・フェデーレやF・デュリユーの作曲クラスを受講。在学中
に一等賞を受賞(2006年度フランシス&ミカ・サラベール財団賞)。

2004年から2005年にかけては、フランス国の音響音楽研究所(IRCAM)
で、キュルシュス(研究員として)作曲とニューテクノロジーを学び、
Ph・ルルーと仕事をする。この経験は、シニュベールの音楽において、
エレクトロニクスが占める位置を確かなものにする。

学業を通じて、フランスの音楽著作権団体《SACEM》から定期的な支援を
受けるほか、ナディア&リリー・ブーランジェ財団とメイエール財団から
奨学金を受ける。

2004年には、ロワイヨモン現代音楽セミナー《Voix Nouvelles(新しき声)》
の作曲クラスを受講。

これに伴い、2005年から2006年にかけて、ロワイヨモンの芸術交流ワー
クショップ《Grand Atelier》と国立現代アートスタジオ「ル・フレノワ」
でのレジデンスにも参加。ル・フレノワでは、ビデオ作家エミリー・オーセ
ルとのコラボレーションにより、マルチスクリーンと3人のソプラノとエレ
クトロニクスのための作品《Blade Affection》を創作する。

他の芸術ジャンルとのコラボレーションも多く、ダンス(ローランス・マ
ルトゥーレ)や映画(マルク・プティジャン)などがある。

彼女の音楽作品はフランス国内外で演奏されており、例えばIRCAM、スト
ラスブール国際現代音楽祭《Musica》、ニース音楽祭《Manca》、ロワイ
ヨモン修道院、シュツットガルト歌劇場の実験施設《Forum Neues Musik-
theater》、ベルリン現代音楽祭《MaerzMusik》、ブリュッセル国際音楽
祭《Ars Musica》などで取り上げられた。

一緒に仕事をしているアンサンブルとしては、アンサンブル・アレフ、ヌ
ーヴェル・アンサンブル・モデルヌ、アクロシュ・ノート、エラスティッ
ク3、ランスタン・ドネ、ミュルティラテラル、コントルシャン、アンサ
ンブルXXIなどがある。

進行中のプロジェクトも数多い。

アンサンブルXXIからは、2007年のディジョン現代音楽祭《Why Note》の
ために電子弦楽三重奏曲の依頼。

ジュネーブの国際パーカッション・センター(CIP)からは、2008年2月に向
けてアンサンブル曲の依頼。

また、大編成オーケストラのための作品を書くことになっており、ステファ
ノ・ジェルヴァゾーニの招きにより、2008年に東京のサントリーホールで
初演されることになっている。

コルマールの音楽フェスティヴァル《Musicales》からは、2009年上演のた
め、『不思議の国のアリス』を巡る室内楽オペラの依頼。これはコルマール
少年聖歌隊とオペラ研修施設《Jeunes voix du Rhin(ラインの若き声)》と
のコラボレーションとなる。

2007年6月にはSACEMからジョルジュ・エネスコ作曲賞を授与される。

(VILLA KUJOYAMA より)


サマーフェスティヴァル2008(サントリー音楽財団)の批評

ジェルヴァゾーニが推奨する若手作曲家シニュベール
『クロニーク(消息)』(世界初演)は、高い音域でのパルス的なリズ
ムのなか、転がるような上昇音形、吐息のような下降音形、足踏みする
ような反復音形が不規則に交互に起こる。厚みを帯びない薄い音が動こ
うとする気配に耳が引かれる。
(楢崎洋子 毎日新聞2008年9月8日記事より抜粋)

公演情報:2008年8月29日(金)19時
サマーフェスティヴァル2008 
サントリーホール国際作曲家委嘱シリーズNo.32
テーマ作曲家<ステファーノ・ジェルヴァゾーニ>管弦楽
クレール=メラニー・シニュベール:クロニーク[消息] (2008)
Claire-Mélanie SINNHUBER : Chroniques
フランス政府委嘱作初演



biographie de Claire-Mélanie SINNHUBER
Claire-Mélanie Sinnhuber a commence la musique par l’etude de la flûte traversière (Médaille d’or à l’ENM de Ville d’Avrey, classe de Patrice Bocqillon). Elle a suivi les cours de composition de Sergio Ortega, Allain Gaussin, Ivan Fedele puis de Frédéric Durieux au CNSMDP où elle a obtenu son premier prix (Prix de la Fondation Francis et Mica Salabert 2006)

En2004-2005 elle suit le cursus de composition et de nouvelles technologies à l’IRCAM où elle travaille avec Philippe Leroux. Cette experience confirme la place qu’occupe l’électronique dans sa musique.

Durant ses études, elle recçoit le soutien régulier de la SACEM ainsi que des bourse de la Fondation Nadia et Lili Boulanger et de la Fondation Meyer.

En 2004elle suit les cours de composition de Voix Nouvelles à Royaumont.

Cela conduira en 2005-2006 à un grand Atelier Royaumont / Le Fresnoy où elle réalisera en collaboration avec vidéaste Émile Aussel Blade Affection pour muliti-écrans, 3 sopranos et électronique.

Elle collabore ainsi régulièrement avec d’autres artes, notamment la danse (Laurence Marthouret) et le film (Marc Petitjean).

Sa musique est jouée en France et à l’étranger, notamment à l’IRCAM, au festival Musica de Strasbourg, au festival Manca de Nice, à l’Abbaye de Royaumont, au Forum Neues Musiktheater (Stuttgart), à Maerzmusik (Berlin), à Ars Musica (Bruxelles).

Elle travaille avec des ensemble tells que l’ensemble Aleph, le Nouvel Ensemble Moderne, Accroche Note, Elastic3, l’Instant donné, Multilatérale, Contrechamps, l’Ensemble XXI.

Le projets en cours sont multiples.

l’Ensemble XXI lui a passé commande d’un trio à cordes amplifié pour le festival Why Note 2007.

Le CIP de Genève lui passé commande pour février 2008 d’une œuvre pour ensemble.

Elle écrira une pièce pour grand orchestre qui sera créée au Suntory Hall à Tokyo en 2008, invitee par Stefano Gervasoni.

Le Festival les Musicales de Colmar lui a passé commande d’un opéra de chambere pour 2009, en collaboration avec la maîtrise de Colmar et les jeunes voix de Rhin autour d’Alice aux pays des merveiiles.

Elle a obtenu le prix de composition Georges Enesco de la SACEM en juin 2007.

Sa musique est éditée aux éditions Jobert.


「非・自由」の選択
ここ日本では、リベラル(=自由)というと、どちらかといえばよいイメー
ジがある。しかし、最大保守党は「自由」民主党、革新政党もリベラルを
標榜し、リベラリズム(ネオがつくと尚更)はグローバリズムの母胎で…と、
いつも混乱してしまう。薬師院仁志著『日本とフランス、二つの民主主義』
(光文社新書265)は、日本とフランス、アメリカを比較しながら、その混
乱を整理し、日本の政治的選択肢の問題をクリアに示してくれる。

まず憲法の比較。日本は「われらとわれらの子孫のために…自由のもたら
す恵沢を確保する」ことを目指し、そのお手本であるアメリカも同様に自
由を指向、一方フランスは「全ての市民に対して法の下での平等」を指向
する。この自由と平等に対する考え方の違いは、社会のあり方にも大きな
差異をもたらす。ソ連崩壊後、社会主義は消滅したとの論調も聞かれたが、
ヨーロッパをはじめとする多くの国で、平等をうたう社会民主主義政党は
確実に議席を確保し、その役割を果たしているという。

その違いを歴史的に見ると、民衆革命によって築かれた共和国フランスは、
絶対王政の中央集権制を継承しつつ、階級も宗教色も排して、全ての国民
を平等な存在と位置づけた。そこから平等を守る《大きな政府》が生まれ、
国民もそのための負担や自由の制約を肯んずる。一方、平等と人権は造物
主からの付与物(独立宣言)とする人権神授国家アメリカは、国家には平
等を保証する義務も権利もないゆえ《小さな政府》となり、格差は自己責
任、力のあるロビィ団体が政治を動かす。そして日本は、近代国家建設の
ための王政復古という明治維新の矛盾、あらゆる政党が弾圧された戦時体
制を経て、左派政党もなぜか小さな政府・(自由経済の恩恵にすぎない)
福祉の無料化・住民参加(=単純な官から民へ)を掲げ、逆に保守派の政権
党は、大きな政府の公共事業により偏向した利益配分を助長してきた。二
大政党を自認する野党も、大同小異の政策しか提示しない。かくて私たち
には今も、平等か/自由かという政治的選択肢がないのである。

それは政策的な路線選択の問題ではなく、各個人の望みや生き方の問題だ
と著者はいう。もちろんフランス社会にも問題はあろう。が、誰もがソリ
ダリテ=連帯を口にし、例えばスト=労働者の権利=自分の問題として支持
し不便を受け入れ、「金銭の有無が知識を会得するための障害となっては
ならない」から学費を原則無償とする社会がそこにはある。翻って、自分
の自由を守るため他者の不自由には目をつぶる社会とは異なる、みんな∋
自分のための「非・自由」を受容する社会、そういう選択肢があると知る
ことからはじめなければならない、この国の成熟への道は前途遼遠…。

NN

★amazonで見る
日本とフランス、二つの民主主義/薬師院仁志著(光文社新書265)





カルチエのコンセール 10/18
カルチエミュジコ
QUARTIERS MUSICAUX
フルート、ヴァイオリン&ヴィオラ トリオコンセール
FLÛTE, VIOLON & ALTO TRIO CONCERT

フルート 立住 若菜
Wakana TATEZUMI flûtiste

ヴァイオリン 富山 ゆりえ
Yurie TOMIYAMA violoniste

ヴィオラ 民谷 可奈子
Kanako TAMITANI altiste


■信仰と希望の戯れ (劇音楽「母」より) | C.ニールセン
□Faith and Hope Are Playing (fl.va.) | Carl NIELSEN (1865-1931)

■3つの無伴奏組曲 作品131d 第1番 ト短調 | M.レーガー
□3 Suites Op.131d No.1 g-moll for Viola solo | Max REGER (1873-1916)

■たそがれに | Á.エギルソン
□In The Twilight (fl.vl.va.) | Árni EGILSSON (né en 1939)

■トリオ | G.ホルスト
□Terzetto | Gustav HOLST (1874-1934)

■バス・フルートのためのソロ | I.ラング
□Solo for bass-Flute | István LÁNG (né en1933)

■セレナーデ 作品141a | M.レーガー
□Serenade Op.141a (fl.vl.va.) | Max REGER (1873-1916)

2008年10月18日(土) 14h00開演
14h00 Samedi 18 octobre
11h00-12h00 公開舞台稽古(入退場自由未就学児歓迎)

大泉学園ゆめりあホール
西武池袋線大泉学園北口駅前
Salle Yumeria, Oizumigakuen
Ligne Seibu-Ikebukuro;Oizumigakuen sortie nord

入場料(自由席)
一  般 2000円
小中高生 1000円
未就学児 100円
カルネ 6000円(4枚綴)

予約・問合せ 
カルチエミュジコ
entracte@m.email.ne.jp
TEL03.34.15.89.16.
FAX03.34.15.89.17.

カルチエミュジコの会員を随時募集しております。
詳しくはこちら