音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
大フィルのデュサパン



ひさしぶりに、大阪で大フィルの定期公演を聴くことができた。こ
の地にフェスティヴァルホールはすでになく、いつかコンサートで
はなく、有名フランス人俳優の一人芝居を見に来た、駅裏再開発と
やらで道に迷いながらたどりついたシンフォニーホールでの公演。
こちらも隣のホテルは、かつての賑わいはなく、亡霊でもすんでい
そうなたたずまい。

開演間近にシューボックス式の上階席についたら、最初のプログラ
ムはクロード・ドビュッシーの『春』。「プリマヴェーラ」かなど
と(たしかにボッティチェルリの名画も作曲家にインスピレーショ
ンを与えたらしい)知ったかぶりをする間もなく、作曲家にも曲名
にも、どちらも馴染みやすい名前からはうっかりしていたけれど、
はじめて聴く曲だった。冒頭、フルートとピアノのユニゾンの単旋
律のゆったりとしたメロディーが、短調にうつりながらほかの楽器
にひろがっていくなかで、印象派の面目躍如といった世界へいざな
われる。はじめて聴く曲なのに客席で能天気でいられるのは、印象
派がわれわれにとって歴史のなかに組み込まれてしまったからだろ
うか。

この曲は、若きドビュッシーがローマ賞を得て(いつまでパリはロ
ーマをおっかけているのか。そういえば、なぜアテネではないのか。
最近になって設立された京都・ヴィラ九条山はオリエンタリスムゆ
えの時代の趨勢か)ヴィラ・メディシスへむかったはいいけれど、
そこでは退屈の極みを味わい、やっとごまかしてこの作品の前身た
る合唱とピアノのための作品を提出したあげく、サン=サーンスに
よって受理を拒否されるという憂き目に(とくに冒頭からその世界
に引き込まれた第一楽章のほう)あった作品である。

元のスコアは焼失したとの言い訳めいた理由(もちろんコピー時代
の現代では通じるわけもない)とともに、もしそのヴォーカリーズ
が再現できたら、最後のラヴェルと対照的になるのになどとあらぬ
想像をめぐらしてしまった。後半の第2楽章ではオーケストラも厚
くなり、テンポもあがリ、さすがに拒否されるまでにはいたらない
と思うが(このふたつの楽章を比較すると当時のアカデミーの嗜好
がよくわかる)、いつまでも印象派の域からはずれることもなく、
『牧神』なども想起される時代にあらがってきたやんちゃ坊主クロ
ードののちのちを想像させられる作品なのである。

さて、今回の「西行き」のお目当ては、2曲目のパスカル・デュサ
パンの『エクステンソ』。オーケストラのための「ソロ」シリーズ
第2曲にあたる1993-94年の作品。リヨンのオケにレジデンスで滞在
していた時期に、そこのパーカッショニストたちとのコラボによっ
て、誕生したと喧伝される作品。このシリーズは、もうおしまいな
のかと思いきや、一昨年にもラトル/ベルリンフィルのために書い
ているし、この月末には今回の指揮者パスカル・ロフェとベルギー
のリエージュ・フィルによって新作の第7番『アンカット』が、パ
リで初演される予定。

「ソロ」というのは3管編成の集団としてのオーケストラの各楽器
の個別的に分断されたハーモニーではなく、オーケストラ全体をひ
とつの塊としてとらえ、それらの総体としての「ソロ」の作品とい
った意味である。それゆえ、バルトークなどのオーケストラル・コ
ンチェルトとは対局にあり、また「エクステンション」を意味する
タイトルともあいまって、冒頭の弦楽器による規則的な動きから、
それを引き継ぐような管楽器群によるロングトーンの羅列が、レガ
ートでもって引き延ばされ、「音」が途切れることなく持続される。

解説にあった「高速撮影スロー再生(中略)に細かい断片がまとわ
りつく」という表現は言い得て妙である。やがて例のスネアドラム
や銅鑼を中心としたふたりのパーカッショニストたちも出現して乾
いたリズムとともに効果的に活躍し始めるが、けっして彼らはソリ
ストになる間もなく、全体が一体となって巨大なソロ作品の塊を築
き上げて行く。

デュサパンの作品を多く紹介しているこの指揮者による、冒頭から
の緊張感と後半の弛緩感のバランスのかねあいの妙がなんともいえ
ず、デュサパンのいうように「曲がりくねって、揺れ動く、とても
静かに、ちょっと傾き、不規則なカーブを描きながら、それからも
ちなおす」一本のラインを想像しながら、ディテールをあきらかに
されたスローモーション(それでも崩れることのない作品構成)は、
はじめてこの作曲家を聴く聴衆にとっても、すっと身体のなかには
いってきたのではないかと思われた。

ちなみにこの作品は同じ頃書かれた『ワット』『チェロ』『アペッ
クス』とともに、2001年パリ・オペラでの先鋭的振付師ジャン=ク
ロード・ガロッタによるバレエ公演の音楽に使われており、なんと
その公演タイトルは『吸血鬼ノスフェラトゥ』。こういうとらえか
たも一面的だと思えるが、今回音楽だけを聴かれた方はどう思われ
るだろうか。

公演後の指揮者は例のパリ公演について、そのときには初演作品の
みならず、「ソロ」シリーズ全曲で一晩のプログラミングを立てて
いることに触れていた。それはともかく、この地に於いても数年か
かってでもこのシリーズをとりあげてもらえればと思う。 1950年
代以降のフランスのスペクトル派(デュサパンは、それとは別の音
楽史に属していると自任しているが…)をはじめとする「現代曲」
はじっさいに、演奏される現場で聴くことによって、はじめてわか
ることがあまりにも多すぎる。それに蛇足的に付け加えておくなら、
最低3回は繰返し聞いてほしいと、ある作曲家は語っていたし、デュ
サパンは音楽の聴取を「やむことのない瞬間の喪の悲しみ」であると
述べている。そのためのこの地の環境は、あまりにも悪すぎる。
(それとも聞き慣れた音楽は、CDでは聴き取れない部分を、前もっ
て携行している先入観で補足しているだけなのかもしれない)

ロビーでの休憩後はラヴェル『ダフニスとクロエ』。ヴォカリーズ
のはいった全曲版。よく演奏される第2組曲は、この後半の第3部の
部分。こちらは、もともとこの時代を席巻したディアギレフのロ
シアバレエ団のために書かれた作品だが、解説の詳しい場面説明に、
それらの「物語」を追いかけることが、本当に「音楽」のためにい
いのかどうかと思っていた。もちろん、それらを知っておくことは
重要だと思うけれど、音楽は筋を追うものでもないだろう。

フルートのソロに酔いしれ、ホルンの音色に耳を傾け、合唱のシニ
フィエのないヴォーカリーズに揺り動かされるときに、デュサパン
のいうように「(音楽を聴く)直前の沈黙と(音楽を聴いた)直後
の思い出(記憶)とのあいだの時間のずれを同化」させることがで
きるのだろう。20世紀を開いたストラヴィンスキーの『春の祭典』
をはじめ、(この『ダフクロ』はこの『祭典』のぬけたシーズンに
とりあげられ初演された。たぶん)この時代には、舞踏のための音
楽がたくさんあるし、先のデュサパンのように、音楽にあとから振
付がつけられているものもある。バレエの舞台を参照項としながら
も、バレエとコンサートをわけておくのもひとつの手だてであろう。

さて、ひさしぶりの大フィルは、「大阪弁」をしゃべっていたのだ
ろうか。このことは、もうウん十年も前に書いた命題だが、おそら
くいまだに議論のまとになっているのであろうか。

このシーズンの定期ではさまざまな「シリーズ」がとりあげられ、
その掉尾に「フランスもの」がきたとのことらしい。このオーケス
トラの「音」がそれにマッチしていたのかどうかといったことはあ
まり重要とも思えないが、今回の指揮者がもたらしたに違いないよ
く組み立てられたプログラミングゆえだけではなく、地元で聴いた
このオーケストラは、他処(アウェー)で聴いた相変わらずの時代
がかったつくりこまれたようなときよりも、はるかに親しみのある
魅力的な音楽を奏でていた。
(2009年3月12日・13日 ザ・シンフォニーホール)

〈ごひゃっきろ〉

テーマ:現代音楽 - ジャンル:音楽

大フィルのデュサパン その2
《大フィルのデュサパン》でご紹介した、大阪フィルの定期演奏会のパスカル・デュサパン作曲『エクステンソ』(2009年3月12・13日)についての、他のブログ、ホームページの記事を引用して紹介させていただきます。


★〈お茶の時間にしませんか〉 第426回定期演奏会の巻
(渕):なるほどね。ところで、デュサパンの「エスクテンソ」、日本初演らしいけど、こっちはどないや。
(澤):面白い曲よね。
(渕):俺は笑われへんかったけど。
(澤):そう言う意味の面白いじゃないの。最初は武満徹の曲かなと思うような雰囲気だったでしょ。
(渕):曲名は「ひきのばす」という意味やとパンフレットには書いてあるな。たしかに、いろんな楽器が音を引きずりまわしてた。そう言う意味では確かに面白い曲やったな。
(澤):この1年間の定期プログラムの中では一番新しい曲よね。

★〈たものびぼうろく〉 大フィル定期公演第426回 (2日目)
…ロフェ氏は指揮棒なしの指揮。大きな体で迫力があるのだが爽やか感じがする。演奏される曲もさわやか。現代音楽のデュサパン「エクステンソ」(ひきのばす)も空中に漂っているようで違和感を感じないですんなり耳に入ってくる。

★〈USHINABE SQUARE〉 大阪フィル・第426回定期演奏会(2日目)
…デュサパンは本物の現代音楽なのでコメントしづらいが、かなりレベルの高い演奏だったと思う。日本初演ということもあって、この演奏をベストに挙げる人がいるかもしれない。

★〈ただそれだけのはなし〉 天上の歌声 ダフニスとクロエ by 大フィル
…次はね、現代に生きている作曲家の曲。まあ、僕の苦手な現代曲なのだけれどね。
 でも、これがおもしろかったんだ。
 詳細は忘れちゃったけれど。
 なんていうんだろう、みんな好き勝手な音をロングトーンでのばしていて、音の流れとか秩序とかがあんまり感じられないガチャガチャ感なのだけれど、それがものすごく静謐を感じさせるんだよね。
 ちょっと前にここでも紹介した、僕の好きなザオ・ウーキーの絵。この絵を音楽にしたらこういう音楽になるんだろうなあ。そう思いながら楽しく聞いていたよ。
 ただ、ちょっと長くて飽きちゃったけれど。12分で長いと思うなんてね。僕はザオの絵の前だったら1時間でも平気でいられるのに。
 音楽は時間の芸術だっていうけれど、時間を音で満たすのって、難しいんだね。

★〈エンターテイメント日誌〉 大フィルよ、何処へ(Quo Vadis ? )
「エクステンソ」は「ひきのばす」という意味で、レガート、ロングトーンで音が伸ばされ、同時に《時間》もひきのばされる。聴き易くて中々面白い佳作だった(演奏時間12分)。


  引用させて頂いた皆さん、ありがとうございました  

テーマ:現代音楽 - ジャンル:音楽

大フィルのデュサパン その3
《大フィルのデュサパン》でご紹介した、大阪フィルの定期演奏会のパスカル・デュサパン作曲『エクステンソ』(2009年3月12・13日)についての、他のブログ、ホームページの記事を引用して紹介させていただきます。
(つづき)

★〈余桃之罪、もしくは電光朝露〉 大阪フィルハーモニー交響楽団 第426回定期演奏会
…エクステンソ。日本初演。エクステンソとは伸展とか進展とか延伸とかいう意味合い。解説によれば90年半ばから動きだとか頂点だとかのタイトルで色々書いている管弦楽のシリーズの一作ということで、これは一つの流れがどこかしら持続されつつ拡大し膨れて頂点に到達するや弛緩して終わる。今こうして書いてる時点で音楽の細かい部分を何一つとして思い出せない・・・こういう一ネタ勝負の作品ってどっちかだよね。ボレロみたいになれるかどうかの分かれ目ってどこかしら。いまさら本気でこうした作品を書いて本気で演奏する人がいることを人類として嬉しくは思います。2度と聴くこともないから気楽(笑)。

★〈nya☆nyaぶろぐ〉 大フィルのダフクロ
…デュサパン:『エクステンソ』日本初演
大フィルの名物打楽器職人?2名が、大活躍の現代曲。
いずみじゃなくても、大フィルも、コンナンやりまっせ!的なぁ~~~

★〈天井桟敷での独り言〉 大阪フィル 第426回定期演奏会
…デュサパンは、決して聴き辛い曲ではありませんでしたが、一度聴いただけで印象に残るような作品ではないですね。

★〈どら猫の猫集会〉  大フィル第426回定期演奏会
…「エクステンソ」はオーケストラのためのソロというものだそう。12分くらいの短い曲で、エクステンソの意味は「ひきのばす」だそう。確かに曲のどっかのパートがロングトーンで演奏している。ちょっと不思議な感じの音がする曲だった。
 シリーズの中の一曲。ちなみに、「ゴー(すすむ)」、「エクステンソ(ひきのばす)」、「アペックス(頂点)」、「クラム(恐れ/叫び)」、「エグセオ(外へ)」、「ルヴェルソ(反転)」の順で発表されたそうだ。

★〈思いつくままに〉 大阪フィル定期演奏会第426回を聴く
…初めてのデュサパン/「エクステンソ」は抽象絵画を見るような感じで、平凡な聴覚の持ち主にはとても耳がついて行けなかった。



  引用させて頂いた皆さん、ありがとうございました  

テーマ:現代音楽 - ジャンル:音楽

大フィルのデュサパン その4
《大フィルのデュサパン》でご紹介した、大阪フィルの定期演奏会のパスカル・デュサパン作曲『エクステンソ』(2009年3月12・13日)についての、他のブログ、ホームページの記事を引用して紹介させていただきます。
(つづき)

★〈不惑ワクワク日記〉 今年の外国人指揮者ラインナップのトリ・・・大フィル定期
…初演のデュサパンは、予想よりもずっと耳障りのいい音楽で、それなりに楽しめました。音響の力で聴かせよう、とする音楽で、そこに魅力のほとんどがある。こういう営みが、21世紀となっても、誠実かつ連綿と行われている・・・・それはそれで、尊いことかもしれませぬ。ドビュッシー・ラヴェルと並べるこで、フランス音楽の一つの芯のようなものに触れられたような気がしましたね。

★〈猫町通り通信〉 3月12日(木)
…デュサパンの「エクステンソ」。「エクステンソ」とは「引き延ばす」という意味だという。蜂の羽音のようなヴァイオリンの響きに始まり、各楽器がそれぞれの音を奏でるが、各楽器群を個々に追うのではなく、全体の響きを俯瞰するように聴くと、巨大な一つの流れのようなものを感じることが出来る。「エクステンソ」は、「オーケストラのためのソロ」というタイトルの作品群の中に一作だが、巨視的に眺める(巨聴的に聴き取る?)とオーケストラを使って巨大な単一旋律のようなものが奏でられているのがわかる。パイプオルガン的な発想で書かれたのだろうか?

★〈審美眼養成日誌〉 フランス現代のセンス
…デュサパンの作品は、ゆっくりと、しかし劇的に音楽の色彩が変わっていく様子が面白かった。ゆるゆるとかき混ぜた水に、ポトリポトリと絵の具を落としていくような。一滴落とすたびに、時には微妙に、時には鮮烈に全体の雰囲気がかわっていく。やがて色は重く暗い、存在感のある色になってきて、じっと見ている者をも飲み込んでいくように思えてくる。ロフェさんの引き締まった音作りのおかげで音楽が散漫となることがなく、集中力を保って聴けた。

★〈パピリオの芽〉 大阪フィルハーモニー交響楽団 第426回定期演奏会
◆デュサパン/「エクステンソ」<日本初演>
音楽を追求したある一つの形かなあ。新しい技法、要素、形式などがちりばめられているのかなと思いながら聴いた。「エクステンソ」というのは、「ひきのばす」という意味だそうだ。うーん、難しい。

★〈ヰタムジクアリス〉 2009年3月14日(土)
…1955年生まれのデュサパンの音楽は私には全く受け付けませんでした。音楽は理屈ではなく感性の世界だと思っているので、美しい旋律もなく、訳の判らない抽象的な雑音の連続としか思えないのです。聴いていて疲れるので、我々のような浪漫派の音楽に慣れ親しんだ者とは別人種としか思えないのは、こちらが時代遅れなのでしょうか。

〈kagariの音楽日記〉
…次の「エクステンソ」は日本初演で、ホワイエではデュサパンの本まで販売してたりと世間的な評価は高い様子。演奏直後にブラボーと叫んでた方がお一人いらっしゃいましたが、残念ながらkagariには良いのか悪いのかまったく分かりませんでした。

  引用させて頂いた皆さん、ありがとうございました  

テーマ:現代音楽 - ジャンル:音楽