音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
カルチエ・デテ2009トピックス1 〈ヴィブラフォンとの共演〉
パーカッションのソリストとして、
また打楽器アンサンブル、フォニックス・レフレクションを結成して
国際的にも活躍されている上野信一さんの快諾を得て、
エディットの『ダンス』を演奏曲目に追加することができました。

これで、ピアノとヴァイオリンのソロ、ヴィオラとピアノ・
ヴィオラとチェロのデュオ、弦楽三重奏曲、クラリネットをふくんだ
カルテットのプログラムが決定しました。
ヴァラエティにとんだエディットの室内楽の世界を
堪能していただけるものと思います。

ヴァイオリンとヴィブラフォンのための『ダンス』は、
イル・ドゥ・フランスのパリ市より北へ位置する
サルセル市の委嘱により、2006年6月11日に初演されています。
彫刻家アントワーヌ・ブルーデル(1861-1929)を讃えて書かれています。
ロダンの弟子であったブルーデルにはベートーヴェンのシリーズがあり、
モンパルナス近くのブルーデル美術館には一部屋がこれらの作品で構成されています。

作品は弦楽器であるヴァイオリンの弓とピッチカートの奏法に対して、
マレット(バチ)と弓を使い分けた残響のながいヴィブラフォンの音響による
さまざまな音価の音符の共存と対立が作品の聴きどころとなっています。

4オクターブのヴィブラフォンは、東京にも数台しかないそうです。
これまでにも、弦楽器以外にも、木管楽器などさまざまな楽器による
編成でコンサートをおこなってきたカルチエミュジコですが、
ヴィブラフォンとの共演ははじめてです。

どうぞ、お聞き逃しなく!
カルチエ・デテ2009へのご招待
プロジェPOQMについて

パリの北東、歩道用太鼓鉄橋で名高いサン・マルタン運河ªに浮かぶ二艘のペニッシュ(平底はしけ船)で室内オペラをやっていたミレイユ・ラロッシュとの出会いが、このプロジェクトのそもそものはじまりである。このグループは、すぐ直前にも「東京の夏」に来日して好評をはくしていたが、もう前世紀末になる冬のパリに着くなり、夕食もそこそこにセーヌを渡ってでかけていった『ラ・ペニッシュ・オペラ』の魅力にはまってしまったのかもしれない。その直後、横浜にやってきたミレイユは、活動の困難さをかたるなかでも、もちつづけているモットーとしてのプログラミングをあげ、あまり上演されない演目とともに、新作初演をおこなっていることを強調していた。ちょうど、演出家としてオペラ・コミックでの活動もはじめたばかりのころだったが、百席もないせまい「ペニッシュの空間がなによりもすきなのです」と語っていたことを記憶している。そんななかで、「月曜のコンタンポラン」(いうまでもなく、かの地の毎週月曜は劇場休演日)という現代音楽シリーズを開始し、年間4回ほどだが、ひとりの作曲家にテーマをしぼったコンサート・プログラムを組んでいた。
ミレイユが語っていたプログラミングのことを念頭において、こちらのカルチエミュジコははじまったが、いまふりかえってみれば、そのエスプリを踏襲できているような状況ではとてもなかった。そのなかでのこのようなプロジェクト(すでに、なんらかのかたちで初演の機会のあった作品はあるにせよ)は、なかなか実現にいたらなかった。それでも、やはり、という思いは強く、ようやくミレイユから最初の作曲家として、エディット・カナ=ドゥ=シズィを紹介され、本人からもすぐに快諾をもらって、ここまでたどりついた。プログラムも当初の思惑とは異なってコンセール・ポルトレ(室内楽作品集)として、ひとりの作曲家の作品ばかりを集めることができたのは、出演しているアルチストたちのおかげである。こうして、この地では、ほとんど知られていないひとりの作曲家の作品ばかりをきくことによって、あるたぐいまれな作曲家の音の世界を堪能できたと思っていただければ、さいわいである。

ª現在は、メトロ高架駅をはさんだ反対側のヴィレット運河に係留中
la biographie de Edith Canat de Chizy
Dans le milieu de la musique contemporaine, Edith Canat de Chizy occupe une place à part, caractérisée par son indépendance vis-à-vis des esthétiques dominantes et sa liberté d’écriture et d’expression. Son œuvre, riche d’une cinquantaine d’opus, distinguée à de nombreuses reprises, s’impose par la singularité de son langage, particulièrement sensible dans ses œuvres pour cordes, et notamment dans son récent concerto pour alto et orchestre Les Rayons du Jour, évoquant la trajectoire lumineuse et tragique de Nicolas de Staël. La critique a souvent relevé l’originalité de sa démarche, en marge de tout système, visant à mettre en évidence, par un certain traitement de la matière sonore, l’énergie et le mouvement.

Elue en 2005 à l’Académie des Beaux-Arts, Edith Canat de Chizy (née le 26 mars 1950) est la première femme compositeur à entrer à l’Institut de France. Violoniste de formation, Edith Canat de Chizy est licenciée d’Art et Archéologie et de Philosophie de l’Université de Paris-Sorbonne. Elle fait ses études musicales au Conservatoire National Supérieur de Paris où elle obtient successivement les premiers prix d’harmonie, de fugue, de contrepoint, d’analyse, d’orchestration et de composition.

Elle étudie d’abord avec Ivo Malec, puis fait en 1983 la rencontre décisive de Maurice Ohana dont elle devient l’élève. Parallèlement, elle travaille l’électroacoustique au C.N.S.M. et dans le cadre du Groupe de Recherches Musicales.

Son œuvre, qui a fait l’objet de nombreuses commandes du Ministère de la Culture et de Radio France ainsi que d’orchestres et ensembles de grande renommée (Orchestre de Paris, Nederlands Kamerkoor, Ens. Musicatreize…), a reçu diverses récompenses : de la SACEM (Prix Hervé Dugardin (1987) et Georges Enesco (1991), de la SACD (Prix « Jeune Talent Musique » 1998), de l’Académie des Beaux-Arts (Prix Paul-Louis Weiller (1992) ; une distinction exceptionnelle pour son concerto pour violoncelle Moïra au Concours Prince Pierre de Monaco (1999) et le Prix de la Tribune Internationale des Compositeurs de l’UNESCO pour son œuvre Yell (1990). En 1997/98, elle est accueillie comme « compositeur en résidence » à l’Arsenal de Metz. En 2000, elle est nominée aux Victoires de la Musique pour son concerto de violon Exultet.

Parmi ses autres œuvres les plus marquantes, on peut citer Canciones pour douze voix mixtes (1992), Le Tombeau de Gilles de Rais (1993), Vivere, quatuor à cordes n°1 (2000).
Son disque monographique Moving chez Aeon, consacré à certaines de ses œuvres pour cordes, a remporté un vif succès auprès du public.
En juillet 2003, son deuxième quatuor à cordes Alive était l’œuvre imposée au Concours International de Quatuor à Cordes de Bordeaux.
Son concerto pour alto Les Rayons du jour, commande de l’Orchestre de Paris, créé en février 2005 par Ana-Bela Chaves sous la direction de Christoph Eschenbach a été salué par la critique.
La SACEM lui décerne en 2004 le Grand Prix de la Musique Symphonique.

    〈INSTITUT DE FRANCE ACADEMIE DES BEAUX-ARTS〉

 ◆la critique  son art d'apprivoiser les sons
 ◆le concert de QUARTIERS D'ÉTÉ 2009
son art d'apprivoiser les sons
Edith Canat de Chizy  son art d'apprivoiser les sons

Par son énergie joyeuse et son art d'apprivoiser les sons, la compositrice occupe une place de choix dans la musique contemporaine.

Le parcours d'Edith Canat de Chizy, 50 ans, ressemble à la musique que'elle compose : elle part d'un matériau sonore bien concret -- instrement ou groupe d'instruments, généralement les cordes -- puis l'apprivoise, écoute ses résonance, en explire les contours, le grain. Un rapport gourmand et sensuel au son. Gamine, elle déployait son amour du violon dans la pratique de la musique de chambre, à défaut d'intégrer le conservatoire. Car dans la grande bourgeoisie lyonnaise, une jeune fille se doit de suivre des études sérieuses. Sitôt son bac en poche, Edith file à Paris, boucle un petit cursus d'archeologie et de philosophie, puis se précipite au Conservatoire. Harmonie, fugue, contrepoint : l'austère trinité des classes d'ecriture lui procure bonheur et énergie. Sa passion prend forme. Enfin, ce timbre de violon qui la haute trouve un langage à la mesure de sa dynamique bondissante, de la richesse de son spectre harmonique, qui peut évoquer aussi bien la voix humaine que les bois de l'orchestre.

La classe de composition d'Ivo Malec lui apprend à combiner mouvements rythmiques et nappes sonores : un des principes de la musique aléatoire. Mais l'enseignement réduit à l'application d'équations et de systèmes théoriques la rebute. La rencontre avec un oiseleur de génie -- le compositeur Maurice Ohara -- lui donnera au contraine des ailes. Il lui enseigne à ne pas se précipiter pour enfermer dans une cage d'ecriture un espace sonore, mais à le laisser venir, à l'apprivoiser, afin qu'il chante naturellement pour elle. Un passage au Groupe de Recherches Musicales permet enfin à Edith Canat de Chizy d'approcher les techniques de l'electro-acoustique, mixages, collages, montages de séquences en boucle, dont elle use avec un grand art d'illusionniste... mais sans jamais abandonner la gomme et le crayon pour la machine. Sa musique grise par sa présence physique et srirituelle à la fois.

Trio, oratorio, concertos, Edith Canat de Chizy prouve que les grandes formes du passé ne sont pas aphones. Dans son travail, elle parle d'une durée vécue, en opposition à une durée théorique. "Quand une idée me vient, je la chronomètre aussitôt. Je la tourne plusieurs fois dans ma tête pour en vérifier la durée. Et, si cette séquence se développe sur vingt secondes, je ne les dépasserai pas en l'élavorant sur le papier."

Cette sincérité donne à sa musique une grande limpidité, et guide un parcours où une pièce sert de tremplin à la suivante, où la volonté de construie une œuvre est bien moins essentielle que la "motivation permanente pour atteindre quelque chose à la fois de si proche et de si inaccessible".
Bernard Mérigaud

 ◆la biographie de Edith Canat de Chyzy
 ◆le concert de QUARTIERS D'ÉTÉ 2009
エディット・カナ=ドゥ=シズィのビオグラフィ
エディット・カナ=ドゥ=シズィ
Edith Canat de Chizy

現代音楽の世界において、エディット・カナ=ドゥ=シズィは、美学的センスを基調としたエクリチュールと表現の自由さをもち、その独自性によって性格づけされた地位を保っている。

音楽言語の特異さと気品をもった60曲以上におよぶ作品は、繰返し演奏され、とくに、ヴァイオリンを中心とした弦楽器のための作品ならびに合唱用作品に顕著である。批評家たちは、しばしば、システムの埒外にある音響的マチエールのあつかいにもとづいて、エネルギーとムーヴマンを引き立たせることをねらった取組みのオリジナリティをあげている。

2005年に芸術アカデミーに選出され、フランス学士院入りした最初の女性作曲家である。子供の頃からヴァイオリンの教育を受け、パリ・ソルボンヌ大学で芸術と考古学ならびに哲学のライセンスを取得したのち、パリ・コンセルヴァトワールで音楽の勉強をつづけ、和声・フーガ・対位法・アナリゼ・オーケストレーション・作曲のクラスで一等賞を獲得している。最初にイーヴォ・マレックに師事したのち、1983年になってモーリス・オアナに師事するとともに、並行して音楽探究グループで電子音響を勉強した。

フランス文化省、ノルウェー政府、ラジオフランスのほか、オーケストラやアンサンブルなどの演奏団体から委嘱された作品は、芸術アカデミーやSACEM、ユネスコなどから賞を得ている.1997-98年にはメッツ・アルセナルのコンポーザー・イン・レジデンスに選ばれている。

最近の作品のなかでは、2005年にアナ=ベラ・シャーヴの独奏、クリストフ・エッシェンバッハ指揮パリ管弦楽団により初演された、画家ニコラ・ドゥ・スタールの光の軌跡を思い起こさせるような、ヴィオラ協奏曲『陽光の輝き』をあげることができる。また、弦楽器のための室内楽作品を集めたCD 『ムーヴィング』は、シャルル・クロ・アカデミー賞を受賞している。

2009年ブザンソン国際指揮者コンクールの審査員として、ファイナル(2009年9月19日)のための新作を提供する予定である。

 ◆評論「音に慣れ親しんだ芸術」
 ◆カルチエ・デテ2009コンセール
「音に慣れ親しんだ芸術」カルチエ・デテ2009
エディット・カナ=ドゥ=シズィ  音に慣れ親しんだ芸術

50年間に歩んできた道は、作曲している音楽のようである。とても具体的な響きのある弦楽器ための作品やアンサンブルから出発し、つぎに聴取や響きから周辺にある種子を探索してきたことが、音に対する貪欲さとなまめかしさにつながっている。

コンセルヴァトワールに入学しなければ、子供の頃からの室内楽の練習からヴァイオリンの道に進んでいたであろう。真剣に勉学に取り組んでバカロレアを手に入れると、リヨンからパリに出て、考古学や哲学の大学修士課程ののち、コンセルヴァトワールに進んだ。厳格な3つのクラス-和声・フーガ・対位法のエクリチュール-では、満足感と高揚感を手に入れた。情熱は形をなし、つきまとっていたヴァイオリンの響きは、人間の声と同様にオーケストラの木管を喚起させる、弾むようなダイナミスムや和声のスペクトルにしたがった語法を見出した。

イヴォ・マレックの作曲クラスでは、偶然性音楽の主要な要素として、リズミックな動きや音響的ひろがりの組み合わせを学んだ。しかし、方程式や理論的システムへ適応させるこの教育は彼女にやる気をなくさせた。才能を見出した作曲家モーリス・オアナとの出会いは、反対に翼を与えた。音響空間をエクリチュールに閉じ込めるためにいそがないで、自然にうたわせるために、やってくるままにしながらなじませることを教わった。

音楽研究グループでは、奇術師の偉大な芸術に使用する電気音響技術である情報ループのシークエンスのミキサージュやコラージュやモンタージュを学んだが、そのために鉛筆と消しゴムを放棄することはなかった。彼女の音楽は、身体性と同時に心理的な存在によって陶酔させる。

トリオやオラトリオやコンチェルトなどの過去の編成も声を失っていないことを証明している。仕事のなかでの理論的時間ではなく、生き生きとした継続を語っている。「アイディアがわきあがったときに、すぐに時間を測ってみます。継続時間を確認するために、何度も頭のなかで繰り返すのです。そして、もしそのシークエンスが、20秒間にわたって展開するなら、紙の上で推敲しながらそれを超過しないようにするのです」

この真摯さは音楽に偉大な透明さを与え、ある作品が続く作品の跳躍台となり、その道筋のなかでは「とても親密であると同時に近寄りがたい何物かに到着するための恒久的モティヴェーション」がより本質的なものとなるのである。
ベルナール・メリゴー

 ◆ビオグラフィ
 ◆カルチエ・デテ2009コンセール
〈コロンブスを発見した〉ひとびと
 発見=今まで知られていない物事を初めて見いだすこと。1492年、コロンブスはいかにして何万年も前から人の暮らす地を「発見」できたのか、私にはわからない。その後の先住民の苦難の道、激烈な土地・文化・生命の収奪は、今では歴史に(少しは)記述され、西部劇の野蛮なインディアン像も塗り替えられた。大地と調和して生きる彼らの文化に憧れる人も少なくない。が、それを辛くも伝えてきた背景にある、今も続く困難な状況を見ないなら、それもまた文化的収奪でしかない。現在の現実の彼らはどこでどう生きているのか。鎌田遵著『ネイティブ・アメリカン  先住民社会の現在』(岩波新書1172)は、それを伝えるために書かれた一冊である。

 1492年当時の部族数は数百から千以上、ある推計によると人口700万人、1900年に25万人、減少率97%! 2000年の国勢調査では247万人(総人口の0.9%)。合衆国独立後は、政府による部族との条約締結とその不履行、先住民討伐戦争の末、1890年、彼らの土地は完全に奪われた。現在、先住民が暮らす300以上の居留地の面積は全土の3%未満。居留地には司法・立法・行政を統括する部族政府がおかれ、法的には「国内の従属国家」だが、様々な制限を受け自治権は限定的である。旧来の生活圏にある居留地は殆どなく、居留地のない部族、部族と認定されない部族もある。部族員の認定も、混血や都市居住の増加により、法と帰属意識の矛盾を孕んでいる。

 1890年以降、個人への土地割当てと同化政策が、共同体と伝統文化をさらに破壊。1934年のインディアン再組織法は、自治政府設立と部族憲法制定を促し、自治への希望をもたらした。しかし1945年のインディアン終結政策は、自立促進を名目とする援助打ち切りと部族社会の解体で、転住した都市先住民の貧困・差別など新たな問題が発生した。60年代には、文化的アイデンティティの回復と民族自決を目指す運動が生まれ、非先住民とも連帯しながら、さまざまな直接行動は現在も続いている。しかし、差別、貧困、失業、アルコール依存、病気、犯罪などの問題は依然として大きい。最近では、居留地におけるウランなどの資源開発、部族政府によるカジノ経営など、経済力強化と環境破壊の両刃の側面も浮上している。

 他民族社会がサラダボウルなら、先住民は〈かき混ぜるたびに傷つきすり減るボウルの底面〉と著者は言い、「コロンブスを発見してやった」と皮肉で寛大なジョークを飛ばす、その地のホスト=先住民に、ゲスト=アメリカ人が敬意をはらい、できれば少しは家賃を支払ってほしい、という彼らの控え目な願いを最後に伝える。受け取ったものを次に引き渡して、行為は文化となる。それは伝言ゲームのように造作なく、そして難しい。
NN

★amazonで見る
ネイティブ・アメリカン―先住民社会の現在 (岩波新書)




カルチエのコンセール 2009/4/11
カルチエミュジコ
QUARTIERS MUSICAUX
VIOLON, VIOLONCELLE & PIANO
TRIO CONCERT
ヴァイオリン, チェロ & ピアノ
トリオ コンセール

20世紀を駆け抜けるピアノトリオの神髄
Quintessence de Piano trio qui passera en courant 20eme siècle

ヴァイオリン 富山 ゆりえ
Yurie TOMIYAMA violoniste
チェロ 増本 麻理
Mari MASUMOTO violoncelliste
ピアノ 鈴木 永子
Nagako SUZUKI pianiste

■トリオ | B.マルティヌ
□Trio en re mineur (1950) | Bohuslav MARTINÜ (1890-1959)
   ボストン近郊のハイドン図書館開館記念に書かれた、
 祖国チェコ精神とクラシックが混在した、亡命中の作曲家
 のネオクラシック時代を代表する作品

■トリオ 88 | B.ジョラス
□Trio 88 (1988) | Betsy JOLAS (née en 1926)
   60年代には、このような古典的編成で曲を書くことな
 どあり得ないと考えていた、時代を牽引する先鋭的理論家
 による単一楽章のピアノトリオ

■トリオ | M.ラヴェル
□Trio (1914) | Maurice RAVEL (1875-1937)
   第1次大戦従軍する直前に書かれた、共通性のない独立
 した4楽章によりながら、形式的完璧性をそなえた20世紀
 を代表するピアノトリオ

2009年4月11日(土) 19h00開演
19h00 Samedi 11 avril 2009
18h00-18h50 公開舞台稽古
(入退場自由、未就学児歓迎)

大泉学園ゆめりあホール
西武池袋線大泉学園北口
Yumeria Hall, Oizumigakuen
Ligne Seibu-Ikebukuro,Sortie Nord

入場料(自由席)
一  般 2000円
小中高生 1000円
未就学児 100円
カルネ 6000円(4枚綴)
(会員は各¥ 500円引き)

カルチエミュジコの会員を随時募集しております。
詳しくはこちら

また7月11日に初演される新作委嘱へのご協賛もよろしくお願い
いたします。詳細はこちらをごらんください。

★チケットは、右の〈チケット購入申し込みフォーム〉から、
 お申し込みいただけます。
  お申し込み
   ↓
  振込先口座をお知らせ
   ↓
  ご入金確認
   ↓
  チケット引換方法ご案内

予約・問合せ 
カルチエミュジコ
entracte@m.email.ne.jp

TEL03.34.15.89.16.
FAX03.34.15.89.17.

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

新作委嘱への協賛のお願い
日頃からカルチエミュジコの活動につきまして、ご理解・ご協力を
いただき、たいへんありがとうございます。

プログラムでのお知らせのとおり、きたる7月11日に横浜で開催さ
れますカルチエ・デテ2009において、カルチエミュジコのために書
かれたヴァイオリン無伴奏曲の世界初演を予定しております、これ
はパリで活躍するラ・ペニッシュ・オペラのミレイユ・ラロッシュ
さんにご紹介いただいた、現代フランスを代表する女性作曲家エデ
ィット・カナ=ドゥ=シズィさんへの委嘱作品です。

つきましては、下記の通り、この委嘱への応援をおねがいいたしま
す。

会員のかたがたには重ねてのお願いになりますが、また、日頃、カ
ルチエミュジコのコンセールにいらしていただいている方々をはじ
めとして、みなさまにもご協賛いただきますよう、お願い申し上げ
ます。

新作委嘱費協賛
□後援会員 12万円(特典 主催公演招待状2枚進呈)
□賛助会員 3万円(特典 主催公演招待状1枚進呈)
□協力会員 5千円(特典 主催公演会員割引)

右側のフォームよりお申し込みください。
お申込みいいただいた時期より、1年間の適用とさせていただきます。
ご芳名を委嘱作品の初演・再演時のプログラムに記載させていただ
きます。