音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
カルチエミュジコ ヴァイオリン コンセール モノローグ
QM53monolog.jpg
カルチエミュジコ
ヴァイオリン
コンセール
モノローグ
QUARTIERS MUSICAUX
VIOLON
CONCERT
MONOLOGUE

無伴奏ヴァイオリン新フレンチコネクション
connexion neuve française de violon seul


ヴァイオリン 印田 千裕
 Chihiro INDA violon

杉並公会堂小ホール
(JR/メトロ 荻窪駅)
Suginami Koukaido Salle Récital
JR/Metro Ogikubo
アクセス
2017年9月9日(土)19:00
19h00 samedi 9 septembre 2017


■3つのミニアチュア (2002)|G・ベンジャミン
□Three Miniatures|George Benjamin (né en 1960)

■狂詩曲風組曲 (1965)|A・.ジョリヴェ
□Suite rhapsodique|André Jolivet (1905-1974)

■アンテーム (1991)|P・ブーレーズ
□Anthèmes|Pierre Boulez (1925-2016)

◇◇休憩/ENTRACTE◇◇

■砕けてもあり、、、(2009)|E・カナ=ドゥ=シズィ
□En mille éclats|Edith Canat de Chizy (née en 1950)
カルチエミュジコ+クラブペニッシュ2009年委嘱作品
commendé par Quartiers Musicaux et Club Péniche


■無窮動 (2013)|B・マントヴァーニ
□Perpetuum mobile|Bruno Mantovani (né en 1974)

■インヴィーヴォ (2014)|P・デュサパン
□In vivo|Pascal Dusapin (né en 1955)


チケット
【全自由席】
一般 3000円 学生2000円 小中高生1000円
  (パスリゾーム・会員 各500円引)



パスリゾームは、現代音楽を楽しむためのメンバーシステムです。
カルチエのみならず、参加する現代音楽コンサートで割引料金でチケットを購入できます。
 →詳しくは こちら
 →パスリゾームのサイト


印田千裕ビオグラフィ
3歳よりスズキ・メソードでヴァイオリンを始める。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学音楽学部卒業。野村財団助成を得て英国王立音楽院に留学し、ディプロマコース修了。

ノヴォシビルスク・ヤングヴァイオリニスト国際コンクール・ジュニア部門第3位(1998)江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第1位(2004) を獲て、記念演奏会にて日本フィルハーモニー交響楽団とブラームスのヴァイオリン協奏曲を共演。シャネル・ピグマリオン・デイズ2009参加アーティスト。また、邦人作品にも積極的に取り組み、CD『日本女性作曲家の歩み〜ヴァイオリン作品〜』『山田耕筰 ヴァイオリン作品集」などをリリース。

印田千裕HP
モノローグへの道
カルチエミュジコでは、これまでのコンサートのかずをかぞえていないわけではないが、あくまでもデータの整理のためである。ヴィオロニストもかぞえていたようで、いつか「記念すべき」と書かれていたのを読んだときには、実のところ、ちょっと驚かされた。

しかし、このモノローグは、これまでの編成の延長上の「偶然」の順番に並んでいるに過ぎない。ピアニストと比較して、弦も指も少ない弦楽奏者が「ひとりで」演奏するのはたいへんである。ソロコンサートと銘打っていても、ピアノとのデュオのこともよくある。当初、断られるかと思っていたが、すんなりと受け入れられた。もちろん、モノローグ以上になにも「記念すべき」ものはない。

もともとの曲目から、めあての2曲のどちらも外せなくなった。いずれと考えていた曲がリクエストされたからである。ヴィオロニストが、いつかは取り上げることも十分に承知していたので、こちら側の邪念はふっとんでしまって、リストを並べてみると、その瞬間に、どの曲も演奏順とともにすでに動かせないようにはまり込んでしまった。
ここに並んでいるのは、そのような〈フレンチコネクション〉である。ぜひお聴き逃しになりませんように。