音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
カルチエミュジコ ドゥブル ヴィオロン コンセール
QM54chirashi_omote_595_832.jpgカルチエミュジコ
ドゥブル ヴィオロン コンセール
QUARTIERS MUSICAUX
DOUBLE VIOLON CONCERT



パリから東方へ
PARIS vers L’EST




ヴァイオリン
小林 亜希子/印田 千裕
violon 
Akiko KOBAYASHI/Chihiro INDA






2018年5月11日(金)19h00開演
ロームシアター京都 ノースホール

 京都市営地下鉄東西線東山駅 徒歩10分
19h00 Vendredi 11 mai 2018 
ROHMTheatre Kyoto North Hall

 dans Parc Okazaki
 Higashiyama Station de ligne métro Tozaï
 10 minutes à pied

2018年7月21日(土)19h00開演
豊中市芸術文化センター小ホール

 阪急宝塚線曽根駅 徒歩5分
19h00 Samedi 21 juillet 2018 
Toyonaka Performing Arts Center Salle Récital

 Soné Station de ligne Takarazuka Hankyu, 5 minutes à pied


■11の狂想曲(1994)|P・エルサン
□Onze Caprices|Philipe HERSANT(né en 1948)

■ふたりのうた (2006)|E.カナ=ドゥ=シズィ
□Canto a due|Edith CANAT DE CHIZY(née en1950)

■デュオ (1947)|D.ミヨー
□Duo|Darius MILHAUD(1892-1974)

■アンテルフェランス(干渉) (1983)|G・フィンズィ
□Interférence|Graciane FINZI (né en 1945)

■ソナタ バルトークの記憶に (2005)|N・バクリ
□Sonata In Memoriam Bela Bartok|Nicolas BACRI (né en 1961)

◇◇休憩/ENTRACTE◇◇

■3つのデュオ No.1(1929)|M.レーガー
□Drei Duos No.1 Opus 131b|Max REGER(1873-1916)

■モーツ=アルト(1976)|A.シュニトケ
□Moz-Ar|Alfred SCHNITTKE (1934-1998)

■デュオ(1931)|B.バルトーク
□DUO|Bela BARTOK(1881-1945)
 44, 39, 22, 17, 18, 40, 32,11, 42, 35, 36

■ソナタOP.56(1932)|S.プロコフィエフ
□Sonata Op.56|Sergei PROKOFIEV(1891-1953)


チケット
【全自由席】前売/予約
一般 3000円 学生2000円 小中高生1000円
  (パスリゾーム・会員 各500円引)
  (京都当日は+500円)



パスリゾームは、現代音楽を楽しむためのメンバーシステムです。
カルチエのみならず、参加する現代音楽コンサートで割引料金でチケットを購入できます。
 →詳しくは こちら
 →パスリゾームのサイト

協賛:マリーコンツェルト 
malykoncert.png

facebook カルチエミュジコ
ドゥブル ヴィオロン コンセール
カルチエミュジコではソロヴァイオリンによるモノローグをはじめ、ヴァイオリンとさまざまな楽器との小編成の室内楽に取り組んできたが、今回は全曲2本のヴァイオリンのためのプログラムである。さらには同じ楽器によるデュオというよりむしろ、2本のヴァイオリンが一体となった、いわば4×2弦ヴァイオリンというべつの楽器としてのあたらしい音色を楽しんでいただければ、ヴァイオリン・デュオのなかにさらに多彩な響きが聴き取れることでしょう。

西洋芸術音楽の中心としてのドイツをはじめフランス・イタリアにおいても、そのルネッサンス以前の音楽史にはじまって、バロック・古典・ロマン派時代を通じて長期間にわたり、さまざまなミテロヨーロッパ(東欧)や中近東・北アフリカのアラブ音楽、さらにはロシアからの、とりわけ民族音楽の影響を受けてきた。今回のプログラムでは、これまで取り上げてきた20世紀以降のフランス音楽を中心とした前半に対して、後半は『パリから東方へ』としたコンサートのサブタイトルにそって、ドイツをはじめこれらの地域の作曲家の作品も取り上げ、それらの相互関係を俯瞰しながら、その一端を垣間見る(聴く)ことができればと考えている。

ふたりのヴァイオリニストは、大阪フィルハーモニー交響楽団のメンバーとして活躍するなかで、秋の大阪クラシックでのソロ公演ばかりでなく、機会あるごとにさまざまな編成の室内楽に取り組み、またクラシックの枠にとどまらずジャズセッションによるライブにも積極的に参加している小林亜希子と、これまでのカルチエミュジコに出演し、東京を中心としてソロ・デュオ・カルテット活動をおこない、また昨年4月京都でのクセナキス×デュサパンのデュオ・トリオコンセールでの演奏が記憶にあたらしい印田千裕、このふたりの異色の組み合わせで今回の西と東のプログラムに取り組む。