音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
〈異なるもの〉に触れるとき…
 2008年10月のクロード・レヴィ=ストロースの死の報に、この比類なき人類学者がちょうど一世紀を生きたことの象徴性を思った。私たちはみなレヴィ=ストロースの子供なのだ、たとえば『野生の思考』を通じて、進歩史観から解き放たれ、探求された野生の豊かさを、もはやなかったことにはできないという意味で。人類学の方法論を刷新し、構造主義の祖として現代思想を牽引した、その人生に通底する明晰な論理とモラルが、『闘うレヴィ=ストロース』(渡辺公三著、平凡社新書)には示されている。

 離れたものを見る冷静な眼差しと、異なるものとの親密な接触  小さな猿を肩にのせた若きレヴィ=ストロースの写真に、著者は、独自の流儀の顕れを見てとる。数々の透徹した著作をものした驚くべき速度と集中力の持続、それは大恐慌を挟む二つの世界大戦、戦後復興、植民地独立から社会主義と冷戦体制の崩壊、そして現在にいたる困難な時代と重なり合う。その思考の出発点、人類学者としての探求以前の若き時代の、学生活動家としての活動に著者は光をあてる。ベルギー労働党の友人の指南のもとマルクスを読み、18歳でフランス革命の活動家グラックス・バブーフを論じ、20代には学問のかたわら社会党の機関誌『社会主義学生』に書評や時評を寄稿、暴力革命の称揚とは一線を画した人間・芸術の擁護をラディカルに唱えていたという。そして『アデン・アラビア』の書評(1931)で、自然と人間主義の統合を称賛し、「(著者)ニザンの経験の価値は、アデンから帰還したことではなく、そこに行ったことにある」と書き、それに呼応するように数年後ブラジルへと向い、人類学者としての模索がはじまる。

 1939年に野の花を見て得た直観は、言語学者ヤコブソンの音韻論をモデルとして、自然と文化の分節を読み解く構造理論に結実する。『悲しき熱帯』(55)に描かれたブラジルでの日々に始まり、親族構造の交換様態を分析した『親族の基本構造』(49)から、南北アメリカ先住民の神話研究に基づき感覚と理性の結合を探る『神話論理』(64-71)へ、その思索は繰り返し若き日の問いかけと音韻論に立ち戻りながら、大きなループを描く。

 野生の思考とは「彼らの位置に自分を置こうとする私と、私によって私の位置に置かれた彼らとの出会いの場であり、理解しようとする努力の結果」であり、「正しい人間主義は、自分自身からはじめるのではなく、人間の前にまず生命を、生命の前には世界を優先し、自己を愛する以前にまず他の存在に敬意を払う必要がある」。このような〈異なるもの〉への謙虚で節度ある熱中のありようから生まれた、豊かで尽きせぬ思考の軌跡が今もわたしたちの前にひらかれていることを、この書は教えてくれる。

NN

★amazonで見る
闘うレヴィ=ストロース (平凡社新書)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック