音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
「自分自身でいなさい」宮川 渉 〈カルチエデテ2010〉
_______________________________カルチエ・デテ 2010 レジス・カンポ

 私はかつてマルセイユ国立地方音楽院において、レジス・カンポに師事し作曲を学んでおりました。そのころ口癖のように私たち学生に語っていた言葉があります。それは、« Restez vous-mêmes ! »(自分自身でいなさい)ということです。今回、演奏される『x.へ』は、ギリシャ人で主にフランスで活動したヤニス・クセナキス(1922-2001)の音楽に接して深く感動し、その力強さを私なりに学んでみたいという気持ちから7年ほど前に書いたものです。カンポ作品とクセナキス作品は、音楽的には全く正反対に位置づけられるかもしれません。しかし、ひとつ大きな共通点があるように思われます。それは、両者とも「自分自身でいなさい」という言葉を体現していることです。クセナキスは、第二次世界大戦中には反ナチスのレジスタント運動、大戦後は反独裁政府抵抗運動などを行なった結果、フランスに亡命。そしてル・コルビュジエのもとで建築家として活躍するかたわら、セリエル音楽が主流だった1950年代のフランス現代音楽界に『メタスタシス』という全く今までに聞かれたこともないような音質をもつ曲をもってデビューし、その後も建築と数学の知識をもとにした独自の音楽世界を開拓してきました。レジス・カンポも90年代にフランス現代音楽界に強い影響力を持っていたスペクトル楽派の理論を熟知しながらも、明らかにそれとは一線を画する作品をつくってきました。それは、カンポ作品の特徴であるスピード感、メロディーの重要さ、ユーモア的センスなどによく表われているように思われます。

 「自分自身であること」、自分に忠実であるということは、アーティストにとって当然であると一般には理解されていることでしょう。しかし、それは現実には厳しい孤独の中での闘いを意味しているのです。そして、そういう闘いを経たものこそがわたしたちの心を強く揺さぶるのかもしれません。

 フランスは、いろいろな分野で傑出した人物を輩出し、海外からも多様な人びとを受け入れてきた歴史を有しているものの、大変アカデミックな面も強い国です。レジス・カンポは、マルセイユ人特有のユーモア感覚をもち、どんなシリアスな話もすぐに冗談にしてしまいますが、それでも、パリという刺激的で躍動的でありながら、時にアカデミックなもの以外に対しては大変厳しく当たる傾向のあるこの街で活動してきたことを語るときの表情からは、決してそれが並大抵ではなかったことが容易に理解されます。

 個人的には、この『x.へ』以後はより和声を重視した音楽に興味をもつようになり、レジス・カンポからは、色彩をより豊かにできるように、そして自分が日本人であるということを忘れてはいけない、というアドバイスをもらっています。

 これからも、この尊敬する二人の作曲家のように、常に自分自身に忠実に曲を書いていけるよう私も精進したいと思っています。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック