音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
丹波明 コンセールポルトレ
QUAETIERS D'AUTOMNE 2011
カルチエ・ドトンヌ 2011
丹波明コンセールポルトレ

室内楽作品集
作曲家の肖像 横浜~パリ半世紀の軌跡
Akira TAMBA CONCERT PORTRAIT
Trace du demi-siècle entre Yokohama et Paris


カルチエミュジコでは、このたび カルチエ・ドトンヌ2011 として、半世紀以上にわたりパリで活躍している作曲家、丹波 明の室内楽作品を集めたコンセール・ポルトレを、2011年11月に開催いたします。
最初期のヴァイオリンとピアノのための『ソナタ』(1962)から、最近書かれたピアノ四重奏曲『テトラクロニ』(2008)にわたる、半世紀にならんとする丹波明の創作活動の軌跡を俯瞰するコンサートです。
2011年11月19日(土)14h00 開演
神奈川県民ホール小ホール
みなとみらい線日本大通り駅(3番出口)
Kanagawa Kenmin Hall
SALLE RÉCITAL
(Nihon-oodori, ligne Minatomirai)
アクセスマップ accès

ヴァイオリン 中澤 沙央里
ヴァイオリン 竹内 弦※
ヴィオラ   中山 良夫
チェロ    長明 康郎
ピアノ    野平 一郎

曲目
ピアノとヴァイオリンのための 『ソナタ』
SONATA pour violon et piano (1962)

弦楽四重奏曲 『タタター』※
TATHATÂ pour Quatuor à cordes (1968)

チェロ独奏曲 『エレマンタル IV』
ELÉMENTAL IV pour violocelle seul (1984)

ピアノ四重奏曲 『テトラクロニ』
TÉTRACHRONIE pour Trio à cordes et piano (2008)

(プログラム、演奏者は変更される場合がございます)

 ■丹波明のビオグラフは こちら
 ■作曲家自身によるプログラム・ノートは こちら
 ■丹波明 講演「音楽における伝統と創造」レポートは こちら
  (2010.11.30 青山学院大学短期大学芸術学科)
  序破急理論とその作曲書法のエッセンスが語られています
 ■2011年11月2日(水)18:00より、日仏会館の主催により、
  丹波明講演会「東西文化の融合」が開催されます。→終了しました
  詳細:日仏会館サイト
 ■このコンサートはサントリー芸術財団の11月の推薦コンサートです。
  詳細:サントリー芸術財団

入場料(自由席)
一般 3000円
学生 2000円
児童 1000円
(QM会員・CP会員・パスリゾームメンバーは各500円引き)



パスリゾームは、これまでのカルネにかわって新設された現代音楽を楽しむためのメンバーシステムです。
カルチエのみならず、参加する現代音楽コンサートで割引料金でチケットを購入できます。
 →詳しくは こちら

後援 社団法人 日本作曲家協議会
   日本現代音楽協会
   学校法人横浜英和学院

チケットのお取り扱い(9/5より)
チケットかながわ 045-662-8866 (10:00-18:00)
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650 (10:00-19:00)

お申し込み・お問い合わせ
カルチエミュジコ
03-3415-8916
entracte@m.email.ne.jp

◆カルチエミュジコの会員を随時募集しております。
 会員募集の詳細

◆カルチエ・ドトンヌのプログラムノオト用挟み込みチラシについては
 こちら をご覧下さい。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。