音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
日本の作曲家 2011 「第38回楽譜制作作品演奏会」
▶▶▶▶▶
カルチエミュジコは、倉内直子作品の弦楽四重奏曲に出演します。

日本の作曲家 2011 第2夜
「第38回楽譜制作作品演奏会」
社団法人 日本作曲家協議会

演奏曲目

清水 慶彦:『トリトリー』
アンサンブル リュネット/小山真之輔(fl.)、谷風佳孝(fl.)、江戸聖一郎(fl.)

金丸めぐみ:『山村暮鳥の3つの詩』
田中詩乃(s.)、羽石道代(p)

山下 耕司:『かすかな憧憬』
瀬川光子(vn)、ドミトリー・フェイギン(vc)、新見・フェイギン・浩子(p)

▶▶▶▶▶
倉内 直子:『植物相-波動の変換』―弦楽四重奏のための
カルチエミュジコ
手島志保、中澤沙央里(Vn)、中山良夫(Va)、森田香織(Vc)

作品解説「植物相―波動の変換」―弦楽四重奏のための(倉内直子)
表題は“不特定の地域、時代の植物相における植物達の発する波動、脈動のようなものが推移するイメージ”による。ある架空の植物の生命の象徴として?;種、?;生育、?;開花、?;分解の4つの部分から成り、続けて演奏される。植物群に向き合っている時の聴こえない喧騒、圧倒的な生命力、そこだけ切り取られたような純粋な時間、原風景の表現を試みた。2008年作曲。

喜納政一郎:『湧水の樹』
甲斐史子(vn)、小松美穂(vn)、藤原歌花(va)、松本卓以(vc)

板本 勝百:ピアノ詩曲『晩秋の朝霧』
岡田雅子(p)

遠藤 雅夫:『<フリーズ!>五奏者のために』
安良岡章夫(cond.)、田中隆英(fl.)、大島弥州夫(ob&eh)、有馬理絵(cl.)、
甲斐史子(va)、吉田秀(cb.)

(演奏曲目、演奏曲順、演奏者は変更になる場合がございます)

日時2011年1月27日(木)19時開演(18時半開場)
会場:サントリーホール ブルーローズ(小ホール)

(全席自由)
入場料:¥3,000
前売割引¥2,500
前売学生割引¥2,000
(前売はカルチエ限定枚数制限あり。送料無料)
entracte@m.email.ne.jp
tel03-3415-8916
fax03-3415-8917

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック