音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
めるし・あ・ゆりえ
カルチエミュジコのディレクトリス・ヴィオロニストとして、2001年3月から2010年10月までの10年間にわたり、すべてのカルチエミュジコのコンセ ールに出演した羽室ゆりえ(26/01/1952 - 08/01/2011)へのメッセージをお寄せください。

□先ほど母より連絡がありました。突然の悲報に、なんの心構えも出来ておらず、また、ゆりえさんと多くの時間を共にした方々の悲しみを思うと、言葉がありません。年末年始にメイルを頂いていたのに、返信するのがこのようなタイミングで、申し訳ございません。今、この悲しみを癒すことは出来ませんが、今まで聴かせて頂いた音楽の記憶、ヴァイオリンを弾いていらっしゃる姿は決して忘れません。ゆりえさんの奏でる素晴らしい演奏が私たちの心に残っています。感謝の気持ちでいっぱいです。最後のお別れになるなんて信じられません。自分の気持ちが落ち着くまで祈りたいと思います。心よりご冥福をお祈りいたします。MK 09/01/11

□メルシ・ア・トワ、ゆりえ。おつかれさま。mi 14/01/11

□音色にも、響きにも、奏でる身体にも、聴く私たちの耳にも、
ほんの少しも無理なところのない、あなたのヴァイオリン/音楽を、
こんなにたくさん聴けてよかった。
もう聴けないことがたとえようもなく哀しい。
ありがとうね、ゆりえさん。NN 15/01/11