音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
左の脳と右の脳
最近の英語による幼児教育に対する関心の高さとともに、それに対する違
和感ばかりでなく、危惧感をいだくケースにぶつかることも少なくない。
それぞれの地域で話されている言語が、その地の風土によって培われたも
のであって、それを話す人々の意識と緊密に結びついたものであることは
いうまでもないだろう。コンピューターメーカーにおける人工知能の開発
から、脳とことばの研究にたずさわっていた『日本語はなぜ美しいのか』
(黒川伊保子著、集英社新書0374E)
の著者は、このような現状に強い危
機感を抱いている。このようなタイトルにもかかわらず、ここでは日本語
の優先性が述べられているわけではない、はずである。編集段階で選ばれ
たようなこのタイトルは、本文中にも出てくるとしても、著者は、すぐに
どのことばに置き換えても成立するはずだ、と付け加えている。

まず大部分の欧米語やアジア語が子音を主体に音声認識しているのに対し
て、日本語は母音を主体に音声認識しているという基本的な相違がある。
「言語を聴く脳の方式」が異なるのであり、言語を聴く左脳と音響効果音
を聴く右脳という機能が異なるため、日本人(日本語を母語とする人)は、
母音を左脳で聴いているのに対して、子音骨格で音声認識する欧米人は母
音を右脳でぼんやりと聴いていることになるという。このような音声認識
の単位(音韻単位)に対して、それぞれの仮名を与えている日本語は、意
味とはべつに聴き取れれば書き取れ、日本語の識字率は高いとともに、日
本人にとって拍にしばられないメロディアスな欧米語が難解な理由はここ
にある。日本語には、歴史的にも音韻と直接結びついたことばが多く、こ
とばと意識と所作、情景が一致している言語であるという。

また、脳は地球の自転と公転を感知しているという最近の研究から、東を
むいたときと西をむいたときの意識のずれについてふれる。このことは歴
史上の文明の伝搬のながれにも結びつく興味深い指摘であろう。

いづれにせよ、性差についてなど、いくつか論理の飛躍があるにせよ、母
語は、自然に耳に入るものであり、放っておけば自然に喋れるようになる
というのは間違いであり、むしろ脳が3歳までに最初に出会う母語は、そ
の言語を母語とする主たる保育者と触れ合いながら、(おそらく、その言語
か形成された風土のなかで)口頭で伝えられていくことが必要であり、母
語獲得の臨界期は8歳であるという指摘は重要であろう。さて、わたした
ちは音楽を音響効果音としてのみ聴いているのだろうか。右脳で聴くとい
われている音楽を、左脳で聴くことも、きっと可能なのだろう。

MM

★amazonで見る
日本語はなぜ美しいのか/黒川伊保子 著(集英社新書0374E)








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック