音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
カルチエミュジコからのご挨拶のような




「カルチエミュジコって、どういう意味?」とよくきかれますが…。
身近なところで音楽を気軽に楽しんでいただこうと、室内楽のコン
サートを年に3~4回のペースで開催しています。

最初は劇団の作業場をお借りして始めました。そこの音響が気に入
ったからでしたが、ピアノがなく、客席の椅子も運び、照明も自分
たちの手でセットしました。そこが移転のためになくなって、今は
小さなホールを借りて続けています。

2001年からこの秋までで20回を超えることができました。珍しい
編成で演奏する回もあり、なかなか演奏されることの少ない曲目、
そして新しい作品を多く紹介しています。毎回本番直前の舞台稽古
も公開していますので、ぜひ、お気軽にのぞいてみてください。

コメント
この記事へのコメント
もう20回以上になるんですね。舞台稽古も公開されているとのことなので、ぜひ聞きに行ってみたいものですが、気軽に行けない距離がうらめしいですね。
関西方面で聞ける日を待っています。
2006/11/30(木) 20:42:48 | URL | satomi #A7VvM8vc[ 編集]
カルチエは複数なので、べつのところでもできるように模索中です。チャリンコでこれるところだといいのですが、この地にカルトオランジュがないのは、なんとかしないと。
2006/12/01(金) 14:03:41 | URL | カルチエ #eiMBnsRc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック