音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
プログラムノート(デュオコンセールvol.2)
プログラムノート
〈2016年11月26日 ヴァイオリン&ピアノ デュオコンセールのための〉

■トーカル ヴァイオリンとピアノのための (2010) |K•サーリアホ
現在、世界的にもっとも活躍する作曲家の一人であるサーリアホは、ヴァイオリンとピアノのように異なる二つの楽器がどのように触れ合えるかという疑問から、この作品のアイディアを生み出した。

サーリアホは、演奏者の感受性を想像しながらつねに作曲をしている。ヴァイオリンの音は、右手でコントロールされた弓と左手のコラボレーションによって生み出される。ピアノでは、指が鍵盤に触れた音が ペダルによって色付けされる瞬間を精確にコントロールする。これほどの異なるメカニスムにもかかわらず、いくつかの同じ音域をもつという純粋に音楽的な顕著な共通点もある。この作品では、二つの楽器は独立して前へ進みながら、ユニゾンで到達する頂点を描くピアノのほうへ、ヴァイオリンのテクスチュアを引き寄せるという、お互いを見つめ合う場面もある。ピアノはより躍動しながら、どんどん強くなる磁力を想像する。短い共生 の瞬間ののち、ヴァイオリンのラインは、ピアノの整然とした動きから解き放たれ、その生命の重力の法則をはずれながら継続される。

タイトルはスペイン語で「触れること、演奏すること」を意味している。ヘルシンキのシベリウス国際ヴァイオリンコンクールのために委嘱され、2010年、20人のセミファイナリストによって演奏された。
 ▶︎▶︎▶︎試聴音源 トーカル

■作品 ヴァイオリンとピアノのための (1975) |C•ヴィヴィエ
カナダのモントリーオール生まれで、当地のコンセルヴァトワールで作曲とピアノを学んだ後に、ドイツのケルンでシュトックハウゼンに作曲、ハンスウルリッヒ・ユンペールに電子音響音楽をに学んだ。
この『作品』は音楽のカナダ・コンクール国際派遣部門のために書かれた7作品のうちのひとつである。これらの作品は、楽器の特徴を探求して書かれたこれらの作品は、演奏家のテクニックをよく表現するコンクールにふさわしいものとなっている。

曲はピアノの変拍子の導入につづいて、ヴァオリン独奏のゆったりとした序章からはじまる。その後、ピアノとの二重奏でも、細かい音符の変拍子がつづき、やがてテンポが
あがったのち、レントのトリルになり、やがてヴァイオリンの旋律的なフレーズのあと、一旦フェルマータで休止する。ふたたびヴァイオリンがテンポを上げながらメロディを奏で、急緩を繰り返した後、突然ピアニッシモでレントになって曲を閉じる。

その後、ヴィヴィエは、1977年にはアジアと中近東への長い旅にでる。1983年に若くしてパリで亡くなったときには『魂の不滅を信じるか』という予言的な作品を書いていたが、残された40余りの作品は、どれもがカナダの現代音楽の進展を暗示する個性的で表現的な作品である。


■メランコリィ ヴァイオリンとピアノのための (2000)|E•タンギィ
エリック・タンギィは、スペクトル派の作曲家としてキャリアを積んでいたが、のちにネオクラシックの方向に作風が向かう。ドビュッシー、ラベルなどの自国の作曲家のほかに、敬愛する作曲家としてシベリウスを上 げているが、このことは彼の現在の平易な語法に行き着いたことにも結びついている。

この『メランコリー』ではロマ民族のヴァイオリンを思わせる息の長い旋律がヴァイオリンとピアノで、反行しながら演奏される。フランスにおけるサンサーンスやドビュッシーの頃からの他民族の西洋音楽を取り入れる手法を受け継いでいる。ヴァイオリニスト、ギトリス他に献呈されている。
▶︎▶︎▶︎試聴音源 メランコリィ

■そしてすべてがふたたびはじまると… (2003) |G•フィンズィ
モロッコのカサブランカで音楽家の家庭に生まれたグラシアーヌ・フィンズィは、生地のコンセルヴァトワールから10歳でパリ音楽院へと音楽の経歴をはじめ、世界各地で数多くの作品が演奏され、教育にも力を入れる作曲家である。

ほかの作品と同様、このデュオは、人の人生とそのながれのなかでの感情に直接的に根ざしたコミュミケーションへの企図と呼応している。タイトルは、雄弁さへと導かれた、自発的なおうむ返しのように、作品の完成後に名付けられた。作品のガイド役であるつぎつぎと現れる音響サイン(グリッサンド、沈黙、減速)が標柱となり、 書かれた即興性として構成の堅固さを形づくっている。静謐でミステリアスな第1楽章は、ピアノの最低音の問いか けるようなペダルに導かれて、作品に共通したハーモニーが姿をあらわす。ヴァイオリンはリズミ カルな持続音とともに突如として目覚め、つづいてピアノが息切れするまでにオスティナートを維持するなかで、ソスティヌートのメロディへと飛翔する。空想的で緊張感のある第2楽章は 、シャコンヌ風エスプリの主題と5つの変奏からなる。ヴァイオリンは単音・重音半音階下降したあと、次第に幻想的なヴィルトゥオーゾ的様相をおびながら嘆きを展開する。2つの楽章は、短3度・短2度・ 非対称リズムとトリルが寄せ集められて、メランコリックで不安な共通の性格で結びついている。

初演は2003年11月ラジオ・フランスにおけるシャルロット・ボヌトン(vl) フランソワ・ デュモン(pno)による。
▶︎▶︎▶︎試聴音源 そしてすべてがふたたびはじまると…

■太陽=炎 ヴァイオリンとピアノのための (2013) |T•ペク
ブローニュ・ビヤンクール生まれのティエリー・ペクは、9歳でピアノを始め、コンセルヴァトワールで作曲を学んだのち、カナダ、日本、中国、ロシア、中米などを訪ね、研究をおこない、インスピレーションを世界の文化に求めるスタイルを確立している作曲家である。

この作品は、古代メキシコ文明の5つの時代のコスモロジーを表象する、さまざまな楽器とピアノとのデュオからなる短いシリーズに組み込まれている。メキシコ高原の人々にとって、時の循環と世界の創造は試行錯誤のなかからつくられ、世界の起源から「太陽」と呼ばれる5つの時期(我々はオリオンと呼ば れる5番目の時代に生きている)を経ている。『太陽 = 炎』は、炎の雨によって滅亡した世界の創造の企ての時代を典拠としている。

炎の要素は、傾斜するモティーフあるいはリズム、輝き、旋回する飛翔、宇宙空間に共鳴する衝撃からなり、これらがこの作品の音楽想像の中心となっている。 とてもシンプルな図像をもとに、ヴァイオリンとピアノの真実の対話が生まれる。溶け合う響きと音域のコントラストに 基 づいて演奏される密度をもっと素材を元に、 複雑に入り組んでは遠ざかるラインが展開する。不安を煽る神秘的で神話的な宇宙と、そこから召喚される存在論的ペシミスムが支配している。
▶︎▶︎▶︎試聴音源 太陽=炎

■ハンガリー風に ヴァイオリンとピアノのための (2009) |B•マントヴァーニ
パリ南郊外シャティヨン市生まれのブリュノ・マントヴァーニは、10代後半に南仏ペルピニヤンの音楽学校でピアノ・ジャズなどの勉強を開始、その後パリコンセルヴァトワールで作曲・音楽史・美学・電子音響を学んだ。2010年にはパリコンセルヴァトワールの院長に36歳という若さで就任した、最も注目されるフランスの作曲家のひとりである。

ラ・メイジュのメシアンフェスティヴァルの委嘱により、ハエ=スン・カン(vl) とフロラン・ボファール(pno) のために、ベラ・バルトークのソナタ第2番を参照しながら作曲された。魅力的なこのハンガリ ーの作曲家の、自由であらゆる論理的シェーマから逃れたラプソディ、叙情性とリズムの循環、楽器の響きの融合したフォルム、といったおおくの概念に沿って、この作品を構成した。 垂直の荒々しい身振りは、エクリチュールの必要性から位置付けられ、とらえどころのない対話を表現しながらも、極端に希薄な瞬間に衝突する。書き留められた本物の即興であり、密度のあるヴィルトゥーゾの作品である。連続性のない私の作品カタログのなかでも、 この作品は純粋なエネルギーによるアール・ブリュットの分野に属する。
▶︎▶︎▶︎試聴音源 ハンガリー風に


■夜ひそやかに ヴァイオリンとピアノのための (2011) |J•ルノ
ジャック・ルノはコンセルヴァトワ ール出身の作曲家ではなくまったく独学で作曲を学んだ。独自の美学や音列技法などによりフランスの作曲家の中でも異色な存在である。

この作品は、ドイツの詩人ラスカー=シューラーの詩にインスパイアされて書かれた、アンサンブルのための「散文集」から抜粋されて、二重奏のために編曲された。「あなただけ」「到着」「郷愁」の三部からなり、 点描的で極度に抽象化された表現方法は 、まったく音楽的展開をもたず、音列技法による微妙に操作された音空間を彷徨う。あくまで伝統的な西洋の 技法が貫かれ、例えようのない孤独感や喪失 感を聞くものに与える。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック