音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
公開リハーサル@スティマー・ザール
カルチエミュジコ パリ〜京都
公開リハーサル
クセナキス×デュサパン
Quartiers Musicaux Paris-Kyoto
XENAKIS × DUSAPIN
REPETITION OUVERTE


日時 2017年4月6日(木)15時〜(約70分、休憩別)
15h00 jeudi 6 avril 2017
会場 スティマー・ザール(JR守山駅西口徒歩5分)
Stimmersaal (chez l’accordage) JR Moriyama(demi-heures de JRKyoto)5minutes à pied de la station
 ▶︎▶︎アクセス
入場無料・予約不要・未就学時入場可
Entrée libre sans reservation les enfants d’accueil

stimmer zaal

【演奏】 
印田 千裕 ヴァイオリン 
 Chihiro INDA violon
チェロ 渡邊 弾楽
 Dangaku WATANABE violoncelle
ピアノ 森本 ゆり 
 Yuri MORIMOTO piano
 
【プログラム】
ヤニス・クセナキス/ Iannis Xenakis (1921-2001)
■風の中の麦藁 (チェロ・ピアノ)
□Paille in the wind (vc pf)
■ディクタス (ピアノ・ヴァイオリン)
□Dikhthas pour piano et violon (vl pf)
■エヴリアリ (ピアノ)
□Evryali pour piano(pf)
◇◇休憩◇◇
パスカル・デュサパン / Pascal DUSAPIN (né en 1955)
■2007年2月1日 (ピアノ)
□1er février 2007 (pf)
■トリオロンバック (ピアノ・ヴァイオリン・チェロ)
□Trio Rombach (pf vl vc)
★QM52公開リハchirashi_A4_170323

4月9日の公演に先駆けて、公開リハーサルを開催します。会場は、守山市にあるスティマー・ザール、ピアノ調律師がつくった響きのよいホールで、コンサートに向けた真摯なリハーサルの様子を、ぜひ聴きにいらしてください。

《コンサートの紹介》
カルチエミュジコ京都~パリでは、『クラシックのコンタンポラン』と不思議なジャンル分けをされるゲンダイ音楽のなかでも「コンタンポランのクラシック」である、ギリシャ人で建築家としても知られるクセナキスと、その唯一の弟子パスカル・デュサパンをとりあげる。

不協和音やグリッサンド満載のクセナキス(1921-2001)は、昨年世界遺産にもなった建築家ルコルビュジエのアトリエで働き、1958年のブリュッセル万国博フィリップス館では、当時の先鋭的作曲家ヴァレーズの音響を再現するために、みずからのオーケストラ曲『メタスタシス』を形象化した神話的フォルムでも知られている。1997年には京都賞(第13回思想・芸術部門)を受賞している。

一方、デュサパン(1955生まれ)は、ヴァレーズを聴き「人生を変え」、クセナキスの弟子となった作曲家で、フランスのコンタンポランの最先端に位置している。ソロ・室内楽からオーケストラ曲にいたるまでの100曲をこえる作品が、、世界中の(クラシック)ミュージックシーンでもっとも演奏されている作曲家のひとりである。

今回のプログラムは、ヴァイオリン、チェロ、ピアノの編成で、演奏不可能ともいわれる『エヴリアリ』、複雑なリズムと楽器の極限の可能性を求められる難曲『ディクタス』(クセナキス)、〈i〉ではじまるソロ曲のひとつであるチェロの『インヴェーチェ』、東の音楽であると作曲家自身が語る『トリオ・ロンバック』(デュサパン)をはじめとして、二人の作曲家の世界をお届けする。

演奏は、2012年からカルチエミュジコ東京に出演しているヴァイオリンの印田千裕、日本センチュリー交響楽団のチェロパートのホープとして期待される渡邉弾楽、フランスで研鑽を積みクセナキスからも高い評価を受けた後、京都を中心に内外の作曲家の初演を手がけるピアニストの森本ゆり、三人の気鋭の演奏家の組み合わせでお送りする。

※参考 『エヴリアリ』の解説 
 (2016年9月2日放映 『タモリ倶楽部 』現代音楽が生んだ悲劇…弾けない音楽!?無理無理楽譜の世界)

《コンサート情報》
カルチエミュジコ パリ~京都 ヴァイオリン、チェロ&ピアノソロ デュオ トリオ コンセール
【日時】 2017年4月9日(日)14:00
【会場】 ロームシアター京都ノースホール(岡崎公園内 京都会館)
【演奏】 印田 千裕 ヴァイオリン 渡邉 弾楽 チェロ 森本 ゆり ピアノ

【チケット】
前売り/予約(当日は+500円)全自由席 一般 3000円 学生2000円 小中高生1000円
(パスリゾーム・会員 各500円引)

【お問合せ】 カルチエミュジコ
entracte@m.email.ne.jp
facebook
TEL 050-3569-8916
FAX 03-4578-9273


Xenakis_Iannis_Metastaseis_B_1953-54_1-1.jpg Expo58_building_Philips-1.jpg
クセナキス『メタスタシス』スコア  フィリップス館



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック