音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
クセナキス『フネム・イデュヘイ』
Iannis Xenakis  イアニス・クセナキス

HUNEM-IDUHEY
pour violon et violoncelle

Edna MichellとYehudi Menuhinのために作曲され1996年8月にEdna
Michell(ヴァイオリン)とOle Akahoshi(チェロ)により、ニューヨー
クのリンカーンセンター芸術祭にて初演された。

 作曲者クセナキス(1922~2001)は、アテネ工科大学に在籍し、パリ
に出てはじめ建築家ル・コルビュジエのもとで建築技師として働いたとい
う経歴をもち、彼が作曲を学ぶにあたりその門を叩いたメシアンは彼に和
声や対位法を学ぶ事よりも自身が培ってきた能力を作曲に直接生かす道を
奨めたというエピソードも残されているように、その作品の多くは、確立
や群論といった数学理論に基づいて構築/作曲された抽象的な音/音群の
形象ともいえるもので、それは聴覚上の空間に築かれる創造的な建築物で
もある(この資質は、実際の空間における視覚/聴覚の統合的作品をも生
み出すこととなる)。

 このHUNEM-IDUHEYにおいても、そうした作曲理念の一端がうかがえ
る。楽譜の冒頭におよその演奏速度、そしてヴァイオリン、チェロともに
<ヴィブラートなしで>という演奏法の指示とフォルティッシモの強弱指
定がある他、一切の指示表記はなく、全18小節間終始一貫して、そのフォ
ルティッシモで奏される16分音符から全音符までのさまざまな音価(音の
長さ)の音が抽象的構造体・音空間を--リズムの生成により時間的水平軸
を、音高の布置により空間的垂直軸を、さらにそれらが対位法的に編まれ
た二つの楽器の錯綜により精巧さが極められて--構築する。その宇宙は、
この作曲家の他の多くの作品同様、虚飾を排した峻厳さきわまる抽象的世
界の極北ともいえるものであるが、その資質・思考は、若き日の祖国解放
のためのレジスタンス抗戦参戦のさなか、迫撃砲を受け顔面の一部を損傷
し左目を失明するという不幸な事故と深く結びつくようであり、その事故
が自身の感受性に及ぼしたものについてクセナキスは次のように回想して
いる。「感覚が半分に減ったので、あたかも井戸の中にいるかのように、
私はひとつの穴を通して世界をとらえなければならなかった。(略)私は、
感覚でとらえる以上に熟考することを余儀なくされた。こうして、私は、
はるかに抽象に傾いた概念に到達したのである。(ラルース世界音楽人名
事典からの引用)」<T.S.>


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック