FC2ブログ
音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
自己紹介にかえて--ドゥブル・ヴィオロン・コンセール
小林亜希子(ヴァイオリン)
たった2台のヴァイオリンで、しかも近現代限定というプログラム。果たして成り立つんだろうか?という一抹の不安は、名手、印田千裕さんとのリハーサルがはじまって、一瞬にして消えました。同じ楽器ならではの絶妙な掛け合い、対話、応答。2台のヴァイオリンなのに、まるで一人のヴァイオリン弾きが弾いてるように皆様に聴こえたなら。

印田千裕(ヴァイオリン)
作品の魅力を聴衆に伝える役割を担い、ある意味他人を演じる役者であるものの、最も自分に正直でいられ、その音楽を共有する他人と通じ合えるこの空間が何よりも好きです。カルチエミュジコ二度目の関西公演が実現したこと、素晴らしいヴァイオリニスト小林亜希子さんとの共演、関わってくださる全ての方に感謝しつつ、ただただ楽しみで仕方ありません。

▶︎▶︎▶︎印田千裕「救いは一歩踏み出すこと」


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック