音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
デュサパン『エクステンソ』のコンサート(大フィル)
パスカル・デュサパンのオーケストラ作品『エクステンソ』が
来る3月12日・13日に、大阪フィルの定期公演で演奏されます。

当日、会場にて『作曲のパラドックス』を販売する予定です。


■大阪フィルハーモニー交響楽団 第426回定期演奏会

2009年3月12日(木)、13日(金)
18:00開場 19:00開演

会 場:ザ・シンフォニーホール

指 揮:パスカル・ロフェ
合 唱:大阪フィルハーモニー合唱団
曲 目:
ドビュッシー/交響組曲「春」
デュサパン/「エクステンソ」
ラヴェル/バレエ音楽「ダフニスとクロエ」

詳細はこちら



エクステンソ パスカル・デュサパン作曲
EXTENSO(1993-1994), PASCAL DUSAPIN
Solo n°2 pour orchestre

3 flûte (aussi 1 flûte piccolo), 3 hautbois (aussi 1 cor anglais),
3 clarinette (aussi 1 clarinette basse), 3 basson (aussi 1 contrebasson),
4 cor, 3 trompette, 3 trombone, 3 percussionniste, 1 timbales (paire),
16 violon, 14 violon 2, 12 alto, 10 violoncelle, 8 contrebasse

リヨン国立管弦楽団委嘱作品
1994年10月13日 リヨン国立管弦楽団初演(Emmanuel Krivine指揮)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック