音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
大フィルのデュサパン その2
《大フィルのデュサパン》でご紹介した、大阪フィルの定期演奏会のパスカル・デュサパン作曲『エクステンソ』(2009年3月12・13日)についての、他のブログ、ホームページの記事を引用して紹介させていただきます。


★〈お茶の時間にしませんか〉 第426回定期演奏会の巻
(渕):なるほどね。ところで、デュサパンの「エスクテンソ」、日本初演らしいけど、こっちはどないや。
(澤):面白い曲よね。
(渕):俺は笑われへんかったけど。
(澤):そう言う意味の面白いじゃないの。最初は武満徹の曲かなと思うような雰囲気だったでしょ。
(渕):曲名は「ひきのばす」という意味やとパンフレットには書いてあるな。たしかに、いろんな楽器が音を引きずりまわしてた。そう言う意味では確かに面白い曲やったな。
(澤):この1年間の定期プログラムの中では一番新しい曲よね。

★〈たものびぼうろく〉 大フィル定期公演第426回 (2日目)
…ロフェ氏は指揮棒なしの指揮。大きな体で迫力があるのだが爽やか感じがする。演奏される曲もさわやか。現代音楽のデュサパン「エクステンソ」(ひきのばす)も空中に漂っているようで違和感を感じないですんなり耳に入ってくる。

★〈USHINABE SQUARE〉 大阪フィル・第426回定期演奏会(2日目)
…デュサパンは本物の現代音楽なのでコメントしづらいが、かなりレベルの高い演奏だったと思う。日本初演ということもあって、この演奏をベストに挙げる人がいるかもしれない。

★〈ただそれだけのはなし〉 天上の歌声 ダフニスとクロエ by 大フィル
…次はね、現代に生きている作曲家の曲。まあ、僕の苦手な現代曲なのだけれどね。
 でも、これがおもしろかったんだ。
 詳細は忘れちゃったけれど。
 なんていうんだろう、みんな好き勝手な音をロングトーンでのばしていて、音の流れとか秩序とかがあんまり感じられないガチャガチャ感なのだけれど、それがものすごく静謐を感じさせるんだよね。
 ちょっと前にここでも紹介した、僕の好きなザオ・ウーキーの絵。この絵を音楽にしたらこういう音楽になるんだろうなあ。そう思いながら楽しく聞いていたよ。
 ただ、ちょっと長くて飽きちゃったけれど。12分で長いと思うなんてね。僕はザオの絵の前だったら1時間でも平気でいられるのに。
 音楽は時間の芸術だっていうけれど、時間を音で満たすのって、難しいんだね。

★〈エンターテイメント日誌〉 大フィルよ、何処へ(Quo Vadis ? )
「エクステンソ」は「ひきのばす」という意味で、レガート、ロングトーンで音が伸ばされ、同時に《時間》もひきのばされる。聴き易くて中々面白い佳作だった(演奏時間12分)。


  引用させて頂いた皆さん、ありがとうございました  

テーマ:現代音楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック