音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大フィルのデュサパン その3
《大フィルのデュサパン》でご紹介した、大阪フィルの定期演奏会のパスカル・デュサパン作曲『エクステンソ』(2009年3月12・13日)についての、他のブログ、ホームページの記事を引用して紹介させていただきます。
(つづき)

★〈余桃之罪、もしくは電光朝露〉 大阪フィルハーモニー交響楽団 第426回定期演奏会
…エクステンソ。日本初演。エクステンソとは伸展とか進展とか延伸とかいう意味合い。解説によれば90年半ばから動きだとか頂点だとかのタイトルで色々書いている管弦楽のシリーズの一作ということで、これは一つの流れがどこかしら持続されつつ拡大し膨れて頂点に到達するや弛緩して終わる。今こうして書いてる時点で音楽の細かい部分を何一つとして思い出せない・・・こういう一ネタ勝負の作品ってどっちかだよね。ボレロみたいになれるかどうかの分かれ目ってどこかしら。いまさら本気でこうした作品を書いて本気で演奏する人がいることを人類として嬉しくは思います。2度と聴くこともないから気楽(笑)。

★〈nya☆nyaぶろぐ〉 大フィルのダフクロ
…デュサパン:『エクステンソ』日本初演
大フィルの名物打楽器職人?2名が、大活躍の現代曲。
いずみじゃなくても、大フィルも、コンナンやりまっせ!的なぁ~~~

★〈天井桟敷での独り言〉 大阪フィル 第426回定期演奏会
…デュサパンは、決して聴き辛い曲ではありませんでしたが、一度聴いただけで印象に残るような作品ではないですね。

★〈どら猫の猫集会〉  大フィル第426回定期演奏会
…「エクステンソ」はオーケストラのためのソロというものだそう。12分くらいの短い曲で、エクステンソの意味は「ひきのばす」だそう。確かに曲のどっかのパートがロングトーンで演奏している。ちょっと不思議な感じの音がする曲だった。
 シリーズの中の一曲。ちなみに、「ゴー(すすむ)」、「エクステンソ(ひきのばす)」、「アペックス(頂点)」、「クラム(恐れ/叫び)」、「エグセオ(外へ)」、「ルヴェルソ(反転)」の順で発表されたそうだ。

★〈思いつくままに〉 大阪フィル定期演奏会第426回を聴く
…初めてのデュサパン/「エクステンソ」は抽象絵画を見るような感じで、平凡な聴覚の持ち主にはとても耳がついて行けなかった。



  引用させて頂いた皆さん、ありがとうございました  

テーマ:現代音楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。