音楽をもっと身近なものにするために、ヴァイオリンを中心にさまざまな楽器編成で、演奏機会の少ない現代・近代の作品を取り上げて、室内楽コンサートを行っています。初めて聴く音楽に耳を澄ます楽しみを味わってください。
砕けてもあり、、、 En Milles Eclats について
2017年9月9日《ヴァイオリン コンセール モノローグ》で演奏される『砕けてもあり、、、』について

EN MILLE ECLATS (2009) Edith CANAT de CHIZY(née en 1950)
commandé par Quartiers Musicaux et Club Péniche


砕けてもあり、、、  エディット・カナ=ドゥ=シズィ
カルチエミュジコ+クラブペニッシュ2009年委嘱作品


milles eclats

砕けても
砕けてもあり
水の月

«  Fût-ce en mille éclats
Elle est toujours là
La lune dans l’eau ! »

Cet haiku de Ueda Chôshu m’a donné la trame de cette pièce dont son thème est la confrontation entre l'immuable et l'éphémère, mais aussi entre le mobile et l'immobile qui est un thème très présent dans ma musique. Cette pièce pour violon seul commandée par l’ensemble japonais «Quartiers Musicaux», et qui sera créée dans le cadre d’un concert monographique de mes oeuvres à Yokohama.
Edith Canat de Chizy

 もっとも親しみを抱いている楽器であるヴァイオリンのためのこの作品は、カルチエミュジコから委嘱され、そのために見出した上田聴秋の俳句「砕けても 砕けてもあり 水の月」が創作のための道筋となっています。いうまでもなく「不変性とはかなさとの対照」が、この作品のテーマです。
エディット・カナ=ドゥ=シズィ


曲目解説
 カルチエミュジコとクラブ・ペニッシュによる委嘱シリーズの最初の作品として、2009年にフランスの作曲家エディット・カナ=ドゥ=シズィに新作を委嘱した。この曲を書くにあたり、作曲家は、いちばん親しい楽器ヴァイオリンのソロのために、上田聴秋の俳句「砕けても 砕けてもあり 水の月」の仏訳にインスピレーションを得た。

 俳句は日本語ばかりでなく、海外でもさまざまな言語に翻訳されるとともに、創作され続けている。外国語では、わずか5-7-5の17音節という音節数はともかく、俳句の簡潔さ、諧謔性、季節感の精神は守られているように思われる。バルトの言うように、俳句は言語以前に沿って書かれ、言語の意味をもたない。あるいは、物語の展開もなく、そこに見出されるのは言語の中断であり終焉だとも言えるだろう。聴秋の俳句は、つねに空に浮かぶ月はつねにそこにあり、砕けているのは水のゆらぎのなかに浮かぶ(こなごなになった)月(の破片)である。なんらかの理由による水の揺らぎはあっても、どちらも同時に、並列してひとつの映像として並べられている。そこには、たゆたっている時間はない。作曲家は、そこに永遠性と儚さ、あるいは動性と不動性という、これまでの他の曲におけるテーマと共通するふたつの側面を見出し、それらを対比させながら音楽を紡いだ。(音のつならりのなかに、時間が必要な音楽家にとって、それは有効な解決方法であろう。)冒頭32分音符の断片的な塊ではじまり、繰り返されたのちに高低差の少ないグリッサンドをともなった長音となり、ピッチカートの短い和音が挿入される。微妙にテンポを変化させながら、途中、おだやかな楽想の部分を挟みながら、この対比は繰り返され、最後はわずかな音を残しながら、ピッチカートの和音を奏でて全曲を閉じる。最後を除いて、全曲にわたって小節線はない。

 エディット・カナ=ドゥ=シズィは、この曲につづいて、ピアノのための『静寂のプレリュード』(2009)で夏目漱石の、ヴァイオリンとピアノのデュオ『5つのミニアチュア』(2013)では幸田露伴、千代尼、小西来山、渡辺水波の俳句から、短くて束の間で、最小限にとどめられた音楽へののインスピレーションを与えられている。

エディット・カナ=ドゥ=シズィ ビオグラフィ
2005年に芸術アカデミーのメンバーに選出された、1950年生まれのエディット・カナ=ドゥ=シズィは、フランス学士院入りした最初の女性作曲家である。ヴァイオリンを学んだのち、パリ・ソルボンヌ大学では芸術・考古学・哲学の学位をもっている。パリ高等音楽院で音楽を学び、和声学・フーガ・対位法・アナリゼ・オーケストレーション・作曲のクラスで一等賞を得ている。イヴォ・マレックに師事したのち、1983年にモーリス・オアナと出会い、師事した。
フランス政府・ノルウェー政府やラジオ・フランスなどから委嘱された作品は、さまざまな賞を受賞している。1997年には、メッツのアルスナルのレジデンス作曲家として迎えられている。ヴァイオリン協奏曲などのオーケストラ曲をはじめとし、声楽曲や室内楽曲など、これまでにおよそ60曲の作品がある。ヴァイオリンをはじめとする弦楽器のための室内楽曲ならびに合唱曲がとくに重要である。2005年にはパリ管弦楽団の委嘱によるヴィオラ協奏曲『陽光の輝き』が、アナ=ベラ・シャーヴの独奏、クリストフ・エッシェンバッハの指揮によって初演され、サセム批評家大賞を授与された。また、弦楽器のための作品を集めたCD『ムーヴィング』はシャルル・クロ・アカデミー賞をはじめとする数々の賞を受賞している。


edith album01
edith album02
◼︎2009年《エディット・カナ=ドゥ=シズィ コンセール・ポルトレ》アルバム

上田聴秋
1852(嘉永5年)-1932(昭和7年)
UEDA Chôshu
1852(Kaei 5)-1932(Shôwa 7)

01 上田聴秋

美濃国に大垣藩士として生まれる。幕末京都俳壇の重鎮八木芹舎(花本芹舎)の門に学び、江戸に出て慶應義塾に入学。
明治17年(1884年)、京都に帰郷し、「梅黄社」を設立。『鴨東集』(のち『俳諧鴨東集』『俳諧鴨東新誌』)を創刊。
明治32年(1899年)6月に雑誌「太陽」が催した「俳諧十二傑」の投票で、老鼠堂永機・正岡子規・三森幹雄・尾崎紅葉・角田竹冷・巌谷小波・雪中庵雀志・幸堂得知・内藤鳴雪・桂花園桂花と共に12傑入り。
門人に茶谷霞畝、竹内菊園句碑など。

02 短冊「砕けても砕けてもあり水の月」
◼︎短冊「砕けても砕けてもあり水の月」

product_9782070447084_195x320-1.jpg
◼︎ガリマール社《HAIKU》表紙


オリジナルグッズ
9月9日の『ヴァイオリン コンセール モノローグ』のオリジナルグッズをつくりました。
前売りチケットご購入の方に、バッジを進呈します。
また、ミラーと栓抜きを対象に、コンサート当日にサイン会も行います。

QM53noveltyチラシcl_170515

カルチエミュジコ パリ〜京都 XENAKIS × DUSAPIN ソロ デュオ トリオコンセール
QM52 kyoto_trio.jpgカルチエミュジコ パリ〜京都
ヴァイオリン、チェロ&ピアノ
ソロ デュオ トリオコンセール

QUARTIERS MUSICAUX PARIS〜KYOTO
Violon, Violoncelle & Piano
Solo Duo Trio Concert


ヴァイオリン 印田 千裕
 Chihiro INDA violon
チェロ 渡邊 弾楽
 Dangaku WATANABE violoncelle
ピアノ 森本 ゆり 
 Yuri MORIMOTO piano

ロームシアター京都ノースホール
Rhome theater kyoto North hall
 ▶︎▶︎アクセス


2017年4月9日(日)14:00
14h00 dimanche 9 avril 2017


 公開リハーサル開催!!
 4月6日(木)15時〜@スティマー・ザール(JR守山駅)
 入場無料・予約不要・未就学児入場可能
 詳細はこちら



ヤニス・クセナキス/ Iannis Xenakis (1921-2001)
■ユネム=イデュエ ヴァイオリンとチェロのための(1996)
□Hunem-Iduhey pour violon et violoncelle

■エヴリアリ ピアノのための
□Evryali pour piano(1977)

■風の中の麦藁 チェロとピアノのための
□Paille in the wind pour violoncelle et piano(1992)

■ディクタス ピアノとヴァイオリンのための
□Dikhthas pour piano et violon(1979)

パスカル・デュサパン / Pascal DUSAPIN (né en 1955)
■インヴェーチェ チェロのための
□Invece pour violoncelle (1991)

■2007年2月1日 ピアノのための
□1er février 2007 pour piano (2006)

■トリオ・ロンバック ピアノ、ヴァイオリンとチェロための
□Trio Rombach pour piano,violon et violoncelle (1997)


※演奏者・曲目は、変更される場合がございます。

チケット
【全自由席】前売/予約(当日は+500円)
一般 3000円 学生2000円 小中高生1000円
  (パスリゾーム・会員 各500円引)
チケット取扱い:
 ⚫︎カルチエミュジコ(サイドメニューのフォームからお申込みください) 
 ⚫︎ロームシアター京都チケットカウンター 
  オンライン(要登録、無料)/電話/窓口
  075-746-3201(10:00-19:00)
 ⚫︎京都コンサートホールチケットカウンター 電話/窓口
  075-711-3231(10:00-17:00 第1・3月曜日休館※休日の場合は翌日)

後援 日本現代音楽協会



パスリゾームは、現代音楽を楽しむためのメンバーシステムです。
カルチエのみならず、参加する現代音楽コンサートで割引料金でチケットを購入できます。
 →詳しくは こちら
 →パスリゾームのサイト


プログラムノート(4/9 パリ〜京都)
ギリシャ生まれでル・コルビュジエのアトリエに在籍した建築家としても知られるI・クセナキス(1997年京都賞受賞)と、その弟子であり現在フランス内外で活躍するP・デュサパン、ともに異色の歩みから独自の音楽世界をつくりあげた作曲家です。「重要なのはフォルムである。表現はあとからやってくる。」と語ったクセナキスと、師から受け取ったものをさらに自由に模索し続けるデュサパン、二人の作曲家が企図とした音楽のフォルムを感じとるひとときをお楽しみください。

クセナキス『ユネム=イデュエ』
晩年になって、呼吸法とヨガを学びながら、ヴァイオリンと奏者の身体性を模索していた世界的なヴァイオリニスト、ユーディー・メニューヒンの80歳の誕生日に献呈された(タイトルはヴァイオリニストの名前の逆さ読み)このふたつの弦楽器のための弦楽器のための作品は、16分音符単位の揺るがしがたい一音一音からなる厳格な音楽です。「全18小節、3分ほどの短い作品だが、全曲を通してフォルテッシモ、ヴィブラートをかけずに演奏される虚飾をいっさいはぶいた抽象的作品である。(中略)全体を通じて音の跳躍が多く、曲の終わりにはその幅は2オクターブ近くにまで広がり、最後はいいきったような形で曲が終結する」(『作曲のパラドックス』より)音楽の極限に位置する小品から今回のコンサートを始めます。

クセナキス『エヴリアリ』
タイトルは「沖合の海」あるいは「蛇の髪をもったメデューサ(ゴルゴン女神)」を意味します。樹木状の図形に由来する旋律的構造をもった作品の時代の最初のひとつです。前作の『ヘルマ』と比較しても、この2作目のピアノ作品はより天真爛漫で、激情的であり、スペクタクル的です。

まさにトッカータであり、才気煥発な名人芸が必要とされます。容赦ない16分音符の羅列と、力強さと、稀有なる絶頂への楽器のもつ音の響きが、4段の五線譜に5段目が付け加えられた中で、何度も繰り返されます。旋律的な大きな跳躍を伴いながら、ラインがうちやぶられる断続音による執拗な和音のブロックが交互に出現します。楽器の並外れた音域に魅惑されるでしょう。

クセナキス『風の中の麦わら』
ピアノの和音とチェロの旋律による、風とそれにそよぐ麦わらを表現しているのでしょうか。ゆったりとしたピアノによる両手のすべての指を使った10音の和音の羅列が、ほぼ小節ごとにフェルマータで立ち止まりながらはじまったのちに、長音に引き伸ばされた和音がディミニュエンドしていくなかで、チェロが満を持したように、ゆったりとした旋律を奏ではじめます。チェロの旋律がひと段落したのちに、ピアノの和音が(ひきつづき麦わらを揺らそうとする企図で)そこに介在するかのように挿入されます。ふたたび、ピアノにうながされるかのように、、チェロの旋律が再開され、やがて高音まで上り詰めたのちに、低音に以降しながら消え去っていくなかで、ピアノのフォルティシモの和音で曲の全体を閉じます。ピアノの美しい和音とチェロの雄弁な旋律の対比が見事な作品です。

クセナキス『ディクタス』
作曲家は「この作品は、ふたつの本性からなるひとつの人格のようであり、タイトルが意味する二元性のようです。この矛盾した自然が、ふたつの楽器の空間性において、ときとしてリズムとハーモニーを溶融しながら、さまざまなダイナミックスのフラックス〔流束〕のなかで現実化されている」と語ってます。

区切りなく演奏される大きく5つのパートに分かれた全体は、とても美しく、かつ表現的で輝かしい音楽が実現されています。シンクロしないままの多声のピアノによる導入部ののち、ヴァイオリンが8分音符で拍子を区切って演奏します。ピアノが非オクターヴの音階を奏で、下降のグリッサンドで駆け下りながらテンポを増します。第2部では、突如として下の〈レ〉で完全に凝固し、動かなくなります。第3部では、ピアノの介入によって補佐されたヴァイオリンが大げさなグリッサンドで開放され、高音の2弦による極限での非シンクロしたグリサンドのあと、低音のフェルマータに到達します。第4部では、ふたつの楽器による敏捷かつ目がくらむような32分音符が続いたあと、すこしずつテンポがおち、ピアノがひとりで、作品の冒頭と同じようなポリリズムを演奏します。第5部は、ヴァイオリンの速度の速い短いグリサンドによる輝かしいコーダののち、効果的で結語的な主音でもって、最後の〈ソ〉が荘重に伸ばされ、終了します。

デュサパン『インヴェーチェ』
数え切れないほどの空間的な分節であるトレモロ・運弓(弓の返し)・ハーモニクス・グリッサンド・4分音(微分音)などは、よく引用される演奏モードであり、現代音楽の遺産なのです。これにそって弦楽器の個人的方法論として、癖とかコツとかチック(痙攣)などをリストアップしたのちに、どのような場合にもこれらを使わないようにするという(タイトルは「…の反対の」を意味するイタリア語)矛盾に満足しながら、ゆったりとしてしゃがれていて、しかしかなりデリケートなこのお気に入りの楽器ために、かなり削減された暴力的な材料をつかって、作曲(構成)しただけなのです。

とてもリズミックで、多声による対位法的な媒介とは反対に音符化されたため、演奏家にとって、すべての運弓はかなり逆立てられた要素をもっています。そのため、演奏は聞かれるというよりも見られるという要素が大きいのです。このような拘束と、器楽的考察に基づくエクリチュール(書法)が、この作品に真のダイナミックな歩調を与えているのです。(パスカル・デュサパン)

デュサパン『2007年2月1日』
1530年からつづいているコレージュ・ドゥ・フランスの新しい芸術創造講座の2年度目の教授に、作曲家としてはピエール・ブーレーズにつづいて選ばれたパスカル・デュサパンは、2007年2月1日に開講講義(邦題『作曲のパラドックス』)を行いました。このなかで、ロラン・バルトの「音楽はけっして戻ってこないものである」という言葉を引用しながら、音楽を聴くことは「現前する感動の瞬間的錯綜による過去の要素を刷新する精神的変換」であると、一般市民である聴衆に問いかけました。その一方、作曲について語るために、「シンプルに創る」という法則のもとに、ひとつのピアノのための断章を作曲して、その作品をもとに、時間に沿って音楽を書くためには、待機することであり、時間を喪失することであると、作曲という行為について説明しました。この断章が、今回演奏するこのタイトルで出版されたのです。

デュサパン『トリオロンバック』
若い頃から、半音より細かい音程の微分音もちいて作曲していたデュサパンにとって、1オクターヴに12音しかないピアノは苦手な楽器だったのです。あるとき、フランスのピアニスト、A・プラネスの弾くヤナーチェクの譜めくりをしたときに、オクターブの力強さに驚かされたこともあって、ピアノのための最初の作品としてこの作品を書いたのです。テンポを頻繁に変化させながらも急ー緩ー急の3つの楽章は、まったく、様相が異なり、敵対すらしています。東ヨーロッパの音楽を好んでいたデュサパンは、そこのフォークロール(民族音楽)を取り入れてラインを創出し、そこから引用を噴出させるという複雑なプロセスをへて、さまざまに進路変更させながら、進捗させていきます。しかし、引用されている元の音楽も、自分で作曲した「贋」の音楽でであると明かしています。それぞれの楽章に登場するふたつの弦楽器による印象的な美しいソロのラインには、アラブ風な音楽を聴き取ることができないでしょうか。
公開リハーサル@スティマー・ザール
カルチエミュジコ パリ〜京都
公開リハーサル
クセナキス×デュサパン
Quartiers Musicaux Paris-Kyoto
XENAKIS × DUSAPIN
REPETITION OUVERTE


日時 2017年4月6日(木)15時〜(約70分、休憩別)
15h00 jeudi 6 avril 2017
会場 スティマー・ザール(JR守山駅西口徒歩5分)
Stimmersaal (chez l’accordage) JR Moriyama(demi-heures de JRKyoto)5minutes à pied de la station
 ▶︎▶︎アクセス
入場無料・予約不要・未就学時入場可
Entrée libre sans reservation les enfants d’accueil

stimmer zaal

【演奏】 
印田 千裕 ヴァイオリン 
 Chihiro INDA violon
チェロ 渡邊 弾楽
 Dangaku WATANABE violoncelle
ピアノ 森本 ゆり 
 Yuri MORIMOTO piano
 
【プログラム】
ヤニス・クセナキス/ Iannis Xenakis (1921-2001)
■風の中の麦藁 (チェロ・ピアノ)
□Paille in the wind (vc pf)
■ディクタス (ピアノ・ヴァイオリン)
□Dikhthas pour piano et violon (vl pf)
■エヴリアリ (ピアノ)
□Evryali pour piano(pf)
◇◇休憩◇◇
パスカル・デュサパン / Pascal DUSAPIN (né en 1955)
■2007年2月1日 (ピアノ)
□1er février 2007 (pf)
■トリオロンバック (ピアノ・ヴァイオリン・チェロ)
□Trio Rombach (pf vl vc)
★QM52公開リハchirashi_A4_170323

4月9日の公演に先駆けて、公開リハーサルを開催します。会場は、守山市にあるスティマー・ザール、ピアノ調律師がつくった響きのよいホールで、コンサートに向けた真摯なリハーサルの様子を、ぜひ聴きにいらしてください。

《コンサートの紹介》
カルチエミュジコ京都~パリでは、『クラシックのコンタンポラン』と不思議なジャンル分けをされるゲンダイ音楽のなかでも「コンタンポランのクラシック」である、ギリシャ人で建築家としても知られるクセナキスと、その唯一の弟子パスカル・デュサパンをとりあげる。

不協和音やグリッサンド満載のクセナキス(1921-2001)は、昨年世界遺産にもなった建築家ルコルビュジエのアトリエで働き、1958年のブリュッセル万国博フィリップス館では、当時の先鋭的作曲家ヴァレーズの音響を再現するために、みずからのオーケストラ曲『メタスタシス』を形象化した神話的フォルムでも知られている。1997年には京都賞(第13回思想・芸術部門)を受賞している。

一方、デュサパン(1955生まれ)は、ヴァレーズを聴き「人生を変え」、クセナキスの弟子となった作曲家で、フランスのコンタンポランの最先端に位置している。ソロ・室内楽からオーケストラ曲にいたるまでの100曲をこえる作品が、、世界中の(クラシック)ミュージックシーンでもっとも演奏されている作曲家のひとりである。

今回のプログラムは、ヴァイオリン、チェロ、ピアノの編成で、演奏不可能ともいわれる『エヴリアリ』、複雑なリズムと楽器の極限の可能性を求められる難曲『ディクタス』(クセナキス)、〈i〉ではじまるソロ曲のひとつであるチェロの『インヴェーチェ』、東の音楽であると作曲家自身が語る『トリオ・ロンバック』(デュサパン)をはじめとして、二人の作曲家の世界をお届けする。

演奏は、2012年からカルチエミュジコ東京に出演しているヴァイオリンの印田千裕、日本センチュリー交響楽団のチェロパートのホープとして期待される渡邉弾楽、フランスで研鑽を積みクセナキスからも高い評価を受けた後、京都を中心に内外の作曲家の初演を手がけるピアニストの森本ゆり、三人の気鋭の演奏家の組み合わせでお送りする。

※参考 『エヴリアリ』の解説 
 (2016年9月2日放映 『タモリ倶楽部 』現代音楽が生んだ悲劇…弾けない音楽!?無理無理楽譜の世界)

《コンサート情報》
カルチエミュジコ パリ~京都 ヴァイオリン、チェロ&ピアノソロ デュオ トリオ コンセール
【日時】 2017年4月9日(日)14:00
【会場】 ロームシアター京都ノースホール(岡崎公園内 京都会館)
【演奏】 印田 千裕 ヴァイオリン 渡邉 弾楽 チェロ 森本 ゆり ピアノ

【チケット】
前売り/予約(当日は+500円)全自由席 一般 3000円 学生2000円 小中高生1000円
(パスリゾーム・会員 各500円引)

【お問合せ】 カルチエミュジコ
entracte@m.email.ne.jp
facebook
TEL 050-3569-8916
FAX 03-4578-9273


Xenakis_Iannis_Metastaseis_B_1953-54_1-1.jpg Expo58_building_Philips-1.jpg
クセナキス『メタスタシス』スコア  フィリップス館